ギターが欲しい! ギブソンか、マーティンか?

2005-12-07 23:17:39

テーマ:音楽・本・ラジオ

Norah Jones を見て、アコースティックのいいギターが欲しくてたまらない。

マーティンが素晴らしく、D-18と決めていた。今日、ギブソンの、J-45を弾いてみたら、これもまたいい。マーティンとは違う音の響きだ。力があるというか粘り強いというか。Southern Jumboも音がいい。

クラプトンのOOOタイプはやっぱりやめた。クラシックのいい楽器を持っているので、かぶるのだ。クラシックから遠いタイプのものがいいかな?と迷っている。マーティンのD18の、抜けの良さ、明瞭な響き、明るい音色も捨てがたい。

ついでにエレキも欲しくなった。買うならこれ、と決めているモデルがある。Elitist '63 335 Dotのタイプだ。チェロや、ヴィオラのようにf字孔がある。欲しいなあ☆

フジテレビで中島美嘉が「NANA」の歌を歌うのを見た。(「NANA」の歌って・・・・)。アコギ一本で伴奏していた。格好良かった!!あれ、しびれる!あれをやりたい。

傲慢に聞こえると思うが、あの演奏を見て、これは弾ける、と思ってしまった。楽器はギブソンだったような気がするが・・・・。

コードはつかめる。かっこいいストローク・ワークを練習する。ピックを使ったことがない。ストロークがうまくできない。それを練習すれば何とかいけそうだ。

いいぞ。わくわくしてきた。いいアコギを手に入れよう。ギブソンにしようかな?どれともマーティン???

楽しい悩みは尽きない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

疲れたから「gontiti best」でも

2005-12-06 21:25:18

テーマ:音楽・本・ラジオ

GONTITI
BEST
「放課後の音楽室」の一人弾きヴァージョンを練習しています。ばらーん、と伸びやかなコードが気持ちいい。でも、二人で弾いた方が音もいいし弾きやすい。本当は。ほどよく弾けるいい相棒をつかまえてギターのデュエットをしたい。

ゆったりした曲もいいが、早弾きも気分がいい。さっぱりするね。

ハワイの歌姫、テレサ・ブライトの、さくっとした声もいいなあ。南の島の歌姫に憧れます。ニュージーランドのマオリ族出身、ソプラノ歌手、キリ・テ・カナワが同じように辛いところのある歌声だ。

ハワイアンや、ボサ・ノヴァはクラシックのように張った声で歌い上げない。柔らかい囁きやため息が混じった歌がいいんだ。ノラ・ジョーンズも響きのある大きな声で歌うが、息の混じった声でいい。スモーキー&ハニー。コクがあるね。

テレサ・ブライトはココナッツと潮風の混じった声かなあ。小野リサのアルバムでも共演していますね。ハワイ語の響きはまた格別ですね。

歌とギター。音楽の最小限の編成だ。弾き語りが出来たらどんなに楽しいだろう。そこが始まりで、ドラムとベースが加わったら立派なギグが出来る。ああ、バンドやりたいな!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ギターが欲しい! ギブソンか、マーティンか?

2005-12-07 23:17:39

テーマ:音楽・本・ラジオ

Norah Jones を見て、アコースティックのいいギターが欲しくてたまらない。

マーティンが素晴らしく、D-18と決めていた。今日、ギブソンの、J-45を弾いてみたら、これもまたいい。マーティンとは違う音の響きだ。力があるというか粘り強いというか。Southern Jumboも音がいい。

クラプトンのOOOタイプはやっぱりやめた。クラシックのいい楽器を持っているので、かぶるのだ。クラシックから遠いタイプのものがいいかな?と迷っている。マーティンのD18の、抜けの良さ、明瞭な響き、明るい音色も捨てがたい。

ついでにエレキも欲しくなった。買うならこれ、と決めているモデルがある。Elitist '63 335 Dotのタイプだ。チェロや、ヴィオラのようにf字孔がある。欲しいなあ☆

フジテレビで中島美嘉が「NANA」の歌を歌うのを見た。(「NANA」の歌って・・・・)。アコギ一本で伴奏していた。格好良かった!!あれ、しびれる!あれをやりたい。

傲慢に聞こえると思うが、あの演奏を見て、これは弾ける、と思ってしまった。楽器はギブソンだったような気がするが・・・・。

コードはつかめる。かっこいいストローク・ワークを練習する。ピックを使ったことがない。ストロークがうまくできない。それを練習すれば何とかいけそうだ。

いいぞ。わくわくしてきた。いいアコギを手に入れよう。ギブソンにしようかな?どれともマーティン???

楽しい悩みは尽きない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村治佳織さん、復帰おめでとう!!

2006-01-18 21:07:58 

ギタリスト、村治佳織さんが手の故障を治し、1月14日の公演から復帰されたようです。

よかった!J-WAVEでも番組が始まったみたい。楽しみに聞くことにしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「北の国から 2005-離婚」

2005-12-21 20:49:29

テーマ:雑感

(音楽 ギター・アルペジオ)
G G Am7 D7 G Ah-------

最終回 の勢いで結婚してはみたものの、結婚生活はドラマとはちがうわけで・・・・・

僕も、黒板純であるはずもなく・・・・

「半落ち」 の裁判官役もなんだかたよりなく・・・・

仕事仕事で肉体疲労。正直言ってあります。

あの元気な有紀ちゃんが家で静かにしているはずもなく・・・・

女優とは人一倍目立ちたい人種なわけで・・・・・・

とうさん、ほたる、純はまたひとりになりました。

・・・・・・・・・・

またテレビで内田有紀が見られるかと思うとぞくぞくする。

「北の国から」の最終回 での内田有紀は、黒板純ならずとも惹かれるものがあった。俺の心はぐるぐる翻弄された。その直後に純君との結婚を知り、あまりに絵空事の二人に危惧を抱いた、というか、どうせ熱が冷めるだろう、と思ったぜ。現実の暮らしとドラマとはちがうもの。

とにかく、一日も早い内田有紀の復帰を期待する。

今度は俺の番だ!!(・・・・・ハァ?なにが???)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村治さんのギターを聞く。

2005-12-13 22:20:15

テーマ:音楽・本・ラジオ

「ヘイ・ジュード」「ミッシェル」「ロンドンデリーの歌」などの耳慣れた曲を、日本の大作曲家、武満徹が「ギターのための12の歌」としてまとめている。日本人ギタリストはなんと幸運なのだろう。世界に名高い作曲家、武満のギター作品があるのだから。他にも武満徹は世界中のギタリストが取り上げる傑作をギターのために書いている。


ロンドンのDECCAレーベルに移籍して第一弾のアルバム、「Transformations」。

村治佳織, 武満徹, ドミニク・ミラー
Transformations
英国レーベルでのアルバム第一曲目は武満徹編曲「ヘイ・ジュード」。俺のこと呼んだ??ジュードだけど(笑

ご挨拶にはふさわしい。この「ヘイ・ジュード」や「ミシェル」「イエスタディ」「オーバー・ザ・レインボウ」が弾きたくて楽譜を買ってきたが、ちょっとやそってでは歯が立たない。難易度が高い。

武満の「すべては薄明の中で -ギターのための四つの小品-」も楽譜を持っている。アルバムに収められた村治さんの演奏の音楽性の高さと演奏技術に圧倒される。すごいよ、村治佳織。

何度もここで主張するが、かわいこちゃんギタリストとしてタレント扱いしないでくれ。容姿にも優れ、演奏技術、音楽性にも優れた日本の誇る若手ギタリストだ。


数ヶ月前から、右手の故障のためコンサートのキャンセルが続いている。心が騒ぐが、じっと待っている。ゆっくりの静養と、故障が完治することを気長に待ちたい。


何年でも待っています。村治さん、お大事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃!村治さん手の故障で演奏会キャンセル!!

2005-10-21 09:29:47

テーマ:音楽・本・ラジオ

シンガポール在住・有閑マダムさんの記事 で初めて知ったニュース。

俺の愛する演奏家の一人村治佳織 さん。「職業病」が出たのだろう。あるインタビューで、「いままで挫折というものを味わったことがない」とあどけなく笑っていた。物腰も柔らかく、愛らしい容姿に恵まれ、テレビ、FM出演も数多くこなすクラシック業界では貴重な売れっ子だ。
       村治
          (萌え~♪な写真ですね☆)

俺が村治さんが好きなのは、かわいこちゃんだからだろう、という人がほとんどだ。日頃の俺の言動からそう思われてもやむを得ない。はい。その通りです。美貌の女子は大好きだ。俺は人を見かけで判断する。どうせ「俺は見かけ通りの人間だ。(by.アンディ・ウォーホル)」

俺は狼少年か!

しかし。断言する。村治さんのギターの腕前は超一流だ。ロドリーゴをよどみなく弾くのは至難の業なんだよ。ギターのプロなら村治さんの実力がはっきり分かる。技術、音楽ともに世界でも屈指の若手ギタリストだ。容姿はおまけ。スペシャリティ。ギフト。重要な才能(タレント)の一つでもありますが。

実際の生演奏でのミスの少なさも有名だ。ギターは、微妙な指先のタッチが崩れたり、隣りの弦に触れてしまうミスタッチが起こりやすい。そのようなことは、ギターの生演奏ではやむを得ないこととして受け入れられる範囲ともいえる。しかし、素人にも分かるミストーンは一番いけない事故なのだ。村治さんの演奏にはそれがない。

10月26日に、ロンドンのデッカレーベルから移籍後第二弾のアルバム が出ます。「リュミエール」。楽しみ。

これを機会に村治さんのファンになってください。今が買い!これからますますいい演奏家になっていきます。


手の故障についてはゆっくり休んでしっかり直して欲しい、と祈るばかりだ。丁寧に万年筆で書いたお見舞いの手紙を送ろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)