「モンスター」見始めた。これはすごい。

侍といえども、毎日劇場に足を運ぶわけに行かない。近所のレンタル屋からDVDを借りてきては映画を見る。見る時間も2時間じっと正座して見ることは不可能だ。

空いた時間にちょこちょこ見たりすることになる。偉そうなことを言っているが、そんなもんだ。

昨夜から見始めたのが「モンスター」。連続殺人犯の実話に基づいている。

主役の俳優のものすごさ!特殊メイクと、過食による肥満で、妖怪のような容貌になっている。ハリウッド一の美貌とうたわれた女優なのに。その気合いのすさまじさ。

クリスティーナ・リッチが重要な役で出てくる。嫌らしいほどうまい演技をしている。アダムス・ファミリーのウェンズデイちゃんのころからのファンなのだが、今回の役はなまなましい。肥満ぎみというか、むちむちの体つきにそそられる。暗くてきれいな顔立ちがいいのだが、今回の役にはぴったりだ。手にギプスをはめているのも、どこか病んでいる感じを象徴していていい。(「アダムス・ファミリーのエイプリールちゃん」と間違って覚えていた。理由はある。その名前の女の子を知っていたからだ。印象が似ていて間違ってしまった。)

とにかく、まだ途中までしか見ていないが、圧倒されている。

実際の犯人のDVDも出ているが、それも見たい。

人間はなんで、こんなモンスターを見たいと思うのか。自分の気持ちもいま測りかねている。

今夜、最後まで見るつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミリオン ダラー ベイビー」 店の名前もうひとつ

Heaven is “Ira's Roadside Diner”, that is, IRA,
Individual Retirement Account. A bitter joke? ...

アメリカ人が書いたらしい記事の断片。個人退職口座(年金)の意味。

でも、アイルランド人たちがスリゴでスクリーン指さして笑いどよめくっていうほうが迫力あるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミリオン ダラー ベイビー」 レモンパイの店の名前

"IRA'S ROADSIDE DINER"
レモンパイの店の名前が出たとき、スリゴの観客はスクリーンを指さして笑いどよめいた。IRAの食堂?Ira はアイルランドではあまりない名前だ。大文字にすると I.R.A.       

これは、やばい名前だ。

    

  Irish Republican Army (アイルランド共和軍)の略で系過激派組。
  北アイルランドのイギリスからの独立を主張する。民族主義ゲリラ集団。
  イギリスにとって、テロ・民族主義反政府組織。
  政治部門はシン・フェイン党。(シン フェインは、「我ら自身」の意味)

1991年にダウニング街にロケット砲を三発打ち込んだのはこいつ等だ。実にやばい。メイジャー首相を殺そうとしたのだ。いまでも過激な活動は止むことはない。
=============================
(この記事のポイントを上にあげて見やすくしました。)


ネットを見ていてあった記事。面白いので少し原文を。アイルランドのスリゴに住んでいる人が、アイリッシュのステレオタイプについて語っている。

million dollar irish stereotypes

justsaw "million dollar baby" last night, which i had been looking forwardto. i love clint eastwood as an actor, and his film "unforgiven" is inmy top ten.
俺も「許されざる者」が大好きだ。筆者と意見が合う。

i enjoyed million dollar baby enough, but i positively cringed as i sat watching with an audience in sligo.

sligo*is* inisfree, the land of which frankie (clint's character) reads froma little black book of yeats' poetry to maggie. when he quoted from thebook, there was a rippling whisper through the crowd.

作品を楽しんだが、スリゴの観衆と一緒に、肯定的jな「躊躇」を感じた。スリゴは、イェーツの故郷。フランキーが詩を読む場面で、さざ波のように囁きが広がった。 様子が見えるようです。

whenfrankie gave maggie the green silk robe, and didn't tell her what "mochuisle" meant, everyone one in the cinema audience was muttering andwhispering to confirm the meaning. and of course that it was spelledwrong.
緑のローブ、「mochuisle」の文字。ボクシングの観客は、ぶつぶつどんな意味か囁きあう。しかし、スペルが違うんだって!面白い。

likewise, in the film, the camera cut to shots of theaudience at the boxing match in london, and focused on some "irish"people who looked at each other, noticing the irish words on the backof the robe and started chanting, mo chuisle. now- if you had ANY DOUBTas to whether these people were in fact irish or not, it was clear,because they were all WEARING GREEN. green jumpers, green hats, greenjackets. this minor fact was not lost on my cinema audience, andeveryone had a good laugh at that.

ロンドンの試合では、はっきりアイルランドの人たちが観客にいる。疑いなくアイリッシュだと分かるのは、必ず緑の物を身につけているから。リスゴの観客も笑った。

likewise, at a later fight,more apparently irish fans came to support maggie fitzgerald.everybody, of all backgrounds, were waving the tricolour. but, therewere some "true" irish people there. in case you weren't sure, it wasobvious because they all had white beards, tweed jackets and flat caps!

アイルランドの三色旗も映る。本物のアイルランド人もいる。白いあごひげ、ツゥィードのジャケット、平らな帽子。

the funniest, absolutely funniest part was when they stopped for the best lemon pie at "IRA'S ROADSIDE TAVERN", which made people in sligo point to screen, and roar with laughter. IRA's Roadside Tavern?? Of course, Ira is not a common name in ireland, and in all-caps, it's especially not difficult to read this as I.R.A... If this reference wasn't done on purpose, it seems a massive oversight.
ここが一番面白い。

レモンパイの店の名前が出たとき、スリゴの観客はスクリーンを指さして笑いどよめいた。IRAの食堂?Ira はアイルランドではあまりない名前だ。大文字にすると I.R.A.       

これは、やばい名前だ。

    

    Irish Republican Army (アイルランド共和軍)の略で系過激派組。
    北アイルランドのイギリスからの独立を主張する。主義ゲリラ集団。
    イギリスにとって、テロ・民族主義反政府組織。
    政治部門はシン・フェイン党。(シン フェインは、「我ら自身」の意味)

1991年にダウニング街にロケット砲を三発打ち込んだのはこいつ等だ。実にやばい。メイジャー首相を殺そうとしたのだ。いまでも過激な活動は止むことはない。


So it makes me wonder, what is clint on about here?
i'mnot sure exactly why the two main characters are apparentlyirish-american, and what this means to an american audience for whomthe film was made.
二人の主要な役がアイリッシュであることが、アメリカ人の観客にどのような意味を持つか分からない。

Why is it important that the main characteris struggling with some kind of guilt, that he talks to an unsuallyyoung american priest, that he reads "gaelic", and irish poetry... thatthe young boxer's name is "maggie fitzgerald"? i dunno... maybe it's"the fighting irish" thing... ?
なぜ、アイリッシュであることを強調しているのか?マギー・フィッツジェラルド?たぶん「戦うアイリッシュ」の意味だろう。

It rather reminds me of hearing fromIrish people who've lived in places like East-Boston, and describinghow they felt as if they were less Irish than these Irish-Americanswith their celtic knot-work tatoos.
ケルトの編み物柄の入れ墨をしたアイリッシュたちが、 東ボストン(ミスティックリヴァーの町だ)に住む。その数はアイルランド人より多いんじゃないかと、そのあたりのアイリッシュが言ってることを思い出した。

Other than the possible reference to a stereotype of the "fighting irish", the Irish-ness ofthe characters seems peripheral and at least while watching it with anIrish audience, it was particularly jarring in its ignorance anddistracting.
そのほかに読み取ることの出来るステレオタイプは「戦うアイリッシュ」。でもその「アイリッシュ性」はまとまってあらわされてはいない。一アイリッシュとして見てもはっきりしないところだ。

こんな感じでしょうか。雰囲気は分かると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「松川事件(1961)」 恐ろしい国家犯罪

1949年に福島県で列車転覆事故があった。 調べてみると、何者かによってレールがはずされ、明らかに脱線転覆を意図した事件だった。

一人の19歳の若者が傷害容疑で逮捕される。大規模な国鉄の人員整理で解雇されたばかりだ。列車転覆事件を自白する。自白に基づき、国鉄労組関係者、同じように大量解雇があった東芝労組関係者が20人、逮捕される。

結果から書くが、全員まったくの冤罪だ。1961年全員無罪、1963年検察の控訴も棄却され無罪確定。歴史に残る国家のでっち上げ冤罪事件だ。

映画「松川事件(1961)」は事件の発端と裁判の経過を淡々と克明に描く。1961年の仙台高裁差し戻し判決が出る前に製作されている。映画の最後で、判決がこれから下される、と結ばれる。映画は無罪を確信している。

この作品自体が、被告20人の冤罪を救うための募金で作られている。当時の金で4,500万円。小さな額ではない。出演者 も、精鋭が揃っている。宇野重吉、宇津井健、千田是也、殿山泰司、西村晃、多々良純、加藤嘉、沢村貞子、北林谷栄など。一審の裁判長役の鶴丸睦彦など、憎々しい顔つきがあまりに真に迫っていて、夢に見るほどだ。加藤嘉の二審の裁判長も同じ。名演と言うべきか。

若者の嘘の自白がすべてを招いたのだ。若者は警察署に拘束されるが、酒を飲まされ、たばこを与えられ、時には刑事と一緒に風呂に入りながら、検察の描いた事件のストーリーげに従い、自白をさせられていく。脅され、嘘の証言を聞かされ、朦朧状態で自白調書に署名させられる。まったく身に覚えのないことを自白させられる恐怖。拘禁状態で追い詰められると人間はそのような心理状態にもなるようだ。

裁判では、自白調書のみが証拠とされ、家族のアリバイ証言もすべて退けられる。労働争議や、共産主義者を悪と決めつけ、見せしめにすることが狙いだったからだ。

第一審で、5人が死刑判決、5人が無期懲役、残りも全員懲役刑。本当に恐ろしい。二審でも3人の無罪者が出たが、死刑4人、無期懲役2人。事件の物的証拠がことごとく検察のでっち上げだ、と証明されたにもかかわらず。

共産主義者が国家転覆のため革命闘争を行おうとしているとの社会不安があった。大事件を起こし、社会の混乱に乗じて共産主義政権を作ろう、と本気で考えるのが共産党だ。今もその本質は変わっていない。オウムと同じと断言してもいい。それが世界の平和につながると確信していることも同じだ。

共産党に対する恐怖が生んだ冤罪事件だ。国家は共産主義者におびえ、全くの無罪の人間に二度まで死刑判決を下した。アメリカのGHQが係わっていることが言われている。線路をはずしたのはアメリカ兵12人だった、との目撃証言もあるそうだ。目撃者は、後日、水死体で発見される。殺されたのではないだろうか。

国家を維持し、政権を保つための現実にはこのような暗い面がある。選挙で嫌がらせの対立候補をたてることなど、茶番に等しい。「平和ボケ」はニッポンのアイデンティティだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミリオン ダラー ベイビー」(1)「許されざる者」

2005-06-10 21:31:00

テーマ:(ま行)

年老いたボクシングジムの経営者。老いぼれのガンマン。

「ミリオン ダラー ベイビー」と「許されざる者」。

二つの作品は双子のように見える。表現は異なるが、老いと孤独と死を扱っている。

ポニーキャニオン
ミリオンダラー・ベイビー
傑作「許されざる者」で、モーガン・フリーマン演じる相棒がなぶり殺しにされ、サロンの外にさらされる。それを知ったクリント演じる老ガンマンは適地に乗り込む。目を怒りに輝かせ、敵を撃ち殺す。「神話的」と称される殺しの場面だ。

クリントは恐ろしい目をする。
unforgiven
「ミリオン ダラー ベイビー」でもクリントは恐ろしい目を見せる。愛の深さから鬼神となる恐ろしい形相だ。
clint
「許されざる者」とは、みずから復讐する者のことだ。聖書の「復讐するは我にあり。(申命記32:35)」から来ている。悪に報いるのは神の領域であって、人間はいかなる悪に対しても報復は禁じられる。その禁を犯すのが、主人公の老ガンマンだ。その罪は決して許されない。

同様の主題を、ボクシング ジムの経営者に置き換えたのが「ミリオン ダラー ベイビー」だ。原作のシンプルな短編を忠実に映画化している。

ミズーリのオザークという地域。

偶然だが、俺はオザークの近くに一週間ほど滞在したことがある。どこまでも乾燥した岩山と砂地が続く貧しい地域だ。ミズーリはアメリカで、最も地価が安い。当時俺の住んでいた東京の、六畳二間、六畳のダイニングキッチン、バストイレの合計面積と、そのために月々払う家賃を話したところ、「で、その広さの部屋がいくつあるの?」と真顔で聞かれた。車を停める場所のために、毎月数百ドル払うことなど想像も出来ない地域だ。

ボクサーを目指すマギーはオザークの貧しいトレイラー ハウスに生まれた。主演のヒラリー・スワンクも同じ境遇に生まれたようで、アカデミー賞のスピーチには胸を打たれた。
mdb1
マイケル・ムーアが、「華氏911」で描いた、アメリカの貧しい地域。イラクの砲撃で破壊された町と同じに見える。仕事がなく、たむろする子供と若者、老人。瓦礫の山。廃墟。

ミンダナオの元日本兵騒ぎの時に見たフィリピンの貧しい町並みはどうだ。ホワイト トラッシュと呼ばれる貧乏白人の住む地域と同じではないか。

貧しさから、どうしても抜け出したい一人のアイリッシュの女、マギー・フィッツジェラルド。失意を繰り返し、家族の愛も失った老ボクシングジム経営者、フランキー・ダン。父と娘より年の離れた二人の愛の物語。それがこの作品だ。
ロゴ

(この項下↓↓↓↓↓↓↓に続く)(記事が面白かったらクリックお願いします。)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

「ミリオン ダラー ベイビー」(2) Girlie,Tough ain't Enough !

2005-06-09 21:20:44

テーマ:(ま行)

「娘さん、タフなだけじゃだめだ」マギーに言い聞かせるフランキー。「Girlie」 と呼びかける。
      mdb02
それがどんな響きを持つのか。単純に言って、性差別だ。カリフォルニア州知事シュワルツネッガーが、「あいつは女々しいやつだ」と、政敵を非難した時使ったのが「Girly men」。マッチョな共和党支持者が喜びそうな言葉だ。

この作品には、男っぽい話し方は出てくるが、汚い四文字言葉は聞かれない。神父が教理の初歩をしつこく問いただすフランキーに苛立って、叫ぶのみだ。クリントの美意識が働いている。

貧しくハングリーなマギーは、フランキーの指導によって力を付けていく。マギーの使う「ヒルビリー」というオザーク山地の訛りは、カントリー・ウェスタンで聞く中西部訛りだ。オザークにはブランソンと言う、全米一の客席数を誇るカントリー・ミュージックの町がある。

マギーの言葉は常に、polite だ。決してフランキーには「ため口」をきかない。字幕ではカジュアルに訳しているところが多いが、フランキーに話す言葉は、尊敬と信頼が表れた目上の者に話す言葉だ。「はい。わかりました、ボス」「聞いています、どうぞ仰ってください、ボス」と言ってるんだよ。
      mdb03
それがどのあたりから、フランキーと親密な話し方になるのか。もう一度よく見たい思う。

ファイトマネーを貯めて、母に家をプレゼントするマギー。貧しさに打ちひしがれた「白い屑(ホワイト トラッシュ)」の家族はマギーの気持ちを受け取ることが出来ない。恐ろしい場面だ。

子供の頃から親しんだダイナーでフランキーとくつろぐマギー。本物のレモンを使ったレモンパイがある。フランキーは、「このまま死んでもいい」。そう言う。そのままクリントの言葉に感じられて俺は涙が流れた。

最小限の音楽は、胸の琴線をかき鳴らす。映画作家としての、クリント・イーストウッドのうまさに酔う。伏線となる会話には、きちんと映画の中で答えを与え、不明瞭なところを残さない。清潔な作りに感心する。
      clint02
まだまだ語り足りない。ゆっくり続けることにする。皆さんもぜひ見てください。コメントをお願いします。

(この項下↓↓↓↓↓に続く)( 記事が面白かったらクリックお願いします。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ミリオン ダラー ベイビー」(3) Mo Cuishle

2005-06-09 20:51:43

テーマ:(ま行)

フランキーが、マギーの活躍を喜び、マギーのことを「Mo Cuishle!」と叫ぶ。そのあと、初めてマギーは、「フランキー」と呼ぶ。そこが、二人の転換点だ。マギーは、ボス以上のものをフランキーに感じ、フランキーも「Girly」ではない「Mo Cuishle」としてマギーを見る。
         mdb04
「Mo Cuishle」の意味をマギーは知らない。作品の中に描かれるアイルランド同胞たちは理解しているように見える。作品の終わりに、この言葉の意味がマギーに語られる。フランキーのマギーへの思いが観客にもはっきりわかる。

アイリッシュのルーツ、アイルランドの第一公用語は、ゲール語だそうだ。しかしゲール語を話す人々は少くなり、滅びゆく言語を復活させようという運動もあるそうだ。「Mo Cuishle」はそのゲール語。

マギーはフランキーに、重大な依頼をする。依頼の意味を理解したとき、クリントの目が恐ろしい光を放つ。

「I can't ! Please.」フランキーは即座に拒否するが、マギーを愛するが故にその依頼を断られないことを、その目が語っている。クリントはその後、二度と恐ろしい目を見せない。悲しい虚ろな眼差しだ
         mdb5
フランキーは、マギーの依頼を実行する。そして去っていく。経営しているジムにも戻らない。俺は、クリントがもどってこないようで、悲しかった。

二人の愛の物語が終わる。マギーとフランキー。

老いと孤独と死。フランキーに残されているものはそれだけだ。


(記事が気に入ったらクリックお願いします。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

萌えタイ!! その三

2005-05-06 16:21:57

テーマ:食い物

タイ飯を食った。ガオ バッ バオ とか言っていた。言葉と声が聞きたくて、若いタイ人の女店員に聞く。

タイ料理店は昔からあるが、簡単な屋台飯を食わせるちゃんとした店が定着したのはこの10年だ。

トムヤムクン、パパイヤの芽のサラダ、パッタイ(米粉で作ったきしめん状の麺の焼きそば)、グリーンのココナツ入りカレーなど、日常的にうまいものが食える。

バブルの頃にはタイ料理食べ放題などという店まであって、まずいものも食った。

さっき食べたのは、ホーリーバジルとひき肉を炒めたものに、目玉焼きの乗ったごはん。あれである。ガイ パッ バイカパオ(鶏肉のホーリーバジル炒め)。700円。
カオパットバイクラバウ

プリックという小さいが強烈にからい唐辛子、ナンプラー、酢と生唐辛子のソース、粉の赤唐辛子、砂糖を思いのままに振りかけ、テカテカの味にして食べる。できたら焼けつくような日差しのもとで。

バンコクの日差しや匂い、街の活気を思いながら、スプーンを口に運んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌えタイ!! そのニ

2005-05-06 12:30:10

テーマ:(ま行)

タイ語がどのように美しいのかを知りたい。アイドルならではの可愛い口調や言い回し、言葉の響きがあるに違いない。

マッハ!!!!!のヒロインの声についてである。

顔や華奢な体格は見ればわかる。可憐な仕種、表情、話し方を映画は伝える。
ムエ7
いくら写真を見てもなんとも思わない俳優やアイドルも作品を見ることで考えが変わる。

映画「花とアリス」の蒼井優と鈴木杏。この二人には魅了された。

タイ語の発声は、広東語に似て喉の奥を広げず平べったい音だ。

日本語だと、地声でギャーギャー言うような。西洋音楽の声楽を教えるのが難しそうだ。

北京語(普通話)は喉を響かせ、流れるように美しい音を使う。インドネシア語も開いた喉の母音が心地よく響く。

しかしこの美しいと思う感覚はあくまで自分の属している文化体系や言語の範囲で培ってきたものにすぎない。他国の文化を自国とだけ引き比べてあげつらう鈍さを憎む。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

萌えタイ!!!!!!!!

2005-05-05 09:13:47

テーマ:(ま行)

マッハ!!!!!!!!!!!!のヒロイン!!!!!!!!!

ブマワーリー・ヨートガモン

ムエ2 ムエ6 ムエ5

特に、上の写真はゲームキャラコスプレ。純然たる萌えタイのアイドルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)