「コーヒー&シガレッツ」  星新一、「ノックの音が」を思い出した。

コーヒーと煙草。二人が向き合うと会話が始まる。

1ダースほどのエピソードすべてにコーヒーと煙草が出てくる。一話だけ紅茶だっけ?

白黒の映像。白と黒のチェックが画面のどこかに使われる。

一つ一つのエピソードが会話だけで成り立っている。友達、いとこ同士?、恋人?、店員とお客・・・。いろいろだ。

ケイト・ブランシェットがケイト・ブランシェットの役で出てくる。美しい。ケイト、素敵ですねえ!いとこが出てくる話だが爆笑ものだ。

もう一つの「いとこ?話」も面白い。売れている有名な俳優の元に、売れない冴えない役者がくる。その男は、調べたら自分はあなたの従兄だということがわかった、と言う。売れている俳優にしてみたらうんざりするような話。体よく追っ払おうとするが、意外な結末が・・・・。と思わせぶりに書く。

星新一のショートショートのパンチ・ラインも意表をつくものがある。スマートで洗練された結末。それが星新一の持ち味だ。

この「いとこ同士?」の結末には笑った。タカ・アンド・トシなら、「そこかよ!!」と突っ込む。予想通り、体よく追い払おうとした有名売れっ子俳優がしくじるわけだが、その理由となる人物の名前が渋いのだ。俺は大いに気に入った。その名前じゃないだろ、と言う名前に異様に食いつくのが可笑しい。「その名前」は有名なミュージシャンだ、とだけ言っておこう。

へんてこなコイルの話もいい。演じているのが本当の兄妹だというのがいい。

ビル・マーレイが、相変わらずのビル・マーレイで出てくるのも笑いました。

コーヒー、最近凝っているのは、カフェ・アメリカーノ。エスプレッソをいれて、お湯で割って飲む。実にソフトで胃に負担がかからない。イタリアン・ローストの豆が香ばしく飲みやすい。

映画のコーヒーはカフェインがたっぷり入っている感じ。煙草も胃に悪そう。でも格好いいな。コーヒーと煙草。最高の取り合わせ。

気が向いたらいつか俺もやってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「かもめ食堂」 日本のソウル・フード、おむすび。

登場人物の話し言葉がいい。物腰も端正。親しくなってもなれなれしくなく気持ちいい。テレビでも映画でも、10代、20代の汚らしい言葉遣いがあふれている。この作品の登場人物たちの言葉は美しい。片桐はいり演じるみどりさんが、さちえさんのお宅に招かれ、「お風呂、お先にいただきました」、なんてきちんと言える若い奴がどのくらいいるだろうか。

なれなれしくしすぎず、節度をもった付き合い。これは大人の態度だ。喫茶店や食べ物屋でも、常連となれなれしくしている店は不愉快だ。客も嫌だし店主も嫌だ。この「かもめ食堂」なら安心だ。ちょっとおしゃべりしたいときは乗ってきてくれそうだし、一人でいたいときは放っておいてくれる。

日本から遠く離れて、日本の美しさを思う。ヘルシンキのシンプルで美しい家具や食器。透き通った空気の中でくっきりと映える。その中にあって、日本の器の見事さ。料理を盛りつけて並べた食卓の美しさ。その味わいも日本人なら誰でも知っている暖かさがある。

北欧には冷たく閉ざされた孤独もある。福祉の行き届いた北欧で、キッチンドリンカーが問題となる。男のアルコール依存も社会問題だ。人口密度も低く、白夜のなか孤立感はいっそう深まる。

小林聡美は大林宣彦の「同級生」いらいファンだ。いつもチャーミングな演技で魅了される。年齢を重ねても可愛らしさは変わらない。この作品では気張らず、でも明確な目標をもった自立した女性を柔らかく演じる。俺は、この映画を見て合気道を習いたくなった。俺の師匠が合気道をやっている。きりっとした賢い女には合気道が似合う。
Br_s
いま日本から一番遠い国。イスラム社会も遠いと感じるが、北欧も遠いなあ。俺は昔スウェーデンの企業に勤めていた。会社の地下の売店にあったもの。トナカイの肉、ユーカリのグミ・キャンディ、ニシンの薫製、クネッケ。会議の後の食事はスモルガスボード。アクアビットという透明な焼酎もあった。

スウェーデン人はコーヒーが大好きだ。牛乳とコーヒーの一人あたり消費量がけっこう高いはずだ。スウェーデン語の、よっぷよっぷ、という響きが懐かしい。そのスウェーデン人たちはフィンランドに対して微妙な感情を持っている。スウェーデン人はヴァイキングはフィンランド人だと信じている。言語もだいぶ違うのだという。

ヘルシンキの静かで透明な冷たい空気の中、おむすびをほおばったような暖かい交流。寂しいところのある人間どおしだからお互いの悲しさを思いやることができる。整った食事を見て涙ぐむみどりさんの気持ちが痛いほどわかった。おむすびのエピソードを聞いて感極まるみどりさんの気持ちも・・・。

おいしいごはんと、焼いた塩鮭。つくりたてのおむすび。どんなことがあったとしても俺たちにはあったかいご飯がある。

静かな佳作です。もたいまさこがいい味わいでした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「COMPETITION(1980)」邦題「コンペティション」

コンペティション。

日本ではゴルフの「コンペ」しか思い浮かばないだろうが、いわゆる「コンクール」のことだ。コンクールと言えば音楽や絵画の話だな、と解るのが面白いところ。

映画「コンペティション」competition_ver1

アメリカのジュリアード音楽院の建物を使って撮影された青春映画。音楽大学のピアノ科に通う主人公(リチャード・ドレイファス)が、何度目か、しかも年齢制限もあり最後のチャンスかもしれないコンクール(コンペティション)に臨む話。

まいったよ。

映画のことなどろくに知らない知ったかぶり侍の俺だから、この映画がまたしても「華のない(某氏曰く)」リチャード・ドレイファス主演とは!

主人公は見かけも年寄り臭く、髪も薄くなっている。何度もコンクールでいいところまで行くのだが「万年二位」。このあたりで一位をとらなくては、ピアニストとしても箔がつかない。

一位をとる人と、一位にならない人との違いはなんだろうか。華々しく一位になったことのない俺には永遠に解るはずもない。おそらく、この世界の大部分の人々は「一位になったことのない人」で構成されている。その悲哀。

あと一歩で一位だったのに・・。そのような経験をしたことがある人も多いだろう。だが一位は遠い。

美しい恋人(エイミー・アーヴィング!)がいて、本選の舞台袖から口の動きだけで「I love you」と言ってくれる。でも結果は二位。それで終わりなのがこの映画。ネタばれですが、ほとんどの人はこの結末を予測し、人生とはこうしたものだ、と受け入れることになる。

ほろ苦い味の青春映画だ。

俺は今より25歳若い頃、女子に誘われて見に行った。その頃から女の子にはもてる俺だった。

ジュリアード音楽院の様子が興味深い。練習室や、さらっている曲目、様々な楽器を演奏する学生たち。日本の音楽大学もそれほど違わないのだろう。いまでも毎日コンクールをめざし狂ったように練習をする学生たち。その情熱と意気込みが、防音されたレッスン室が並ぶ廊下にも溢れて渦巻いている。胸が熱くなる光景だ。

この映画を見た後、舞台袖から「I love you」と言うのが流行った。舞台上で緊張している女子めがけてウィンクしながら「I love you」と言ってやる。困ったような女子を見るのが楽しみで。。あとでプンプン怒られるのも楽しみでした。

我が青春の思い出。エイミー・アーヴィングはブライアン・デ・パルマの傑作青春映画「キャリー」で、キャリーの唯一の理解者、スー・スネル役でデビュー。最後の場面の演技には度肝を抜かれます(笑)

それにしても、リチャード・ドレイフェス!!笑ってる場合かよ!!m_054840

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「クローサー」 男と女はみんなこうしたもの

2005-05-24 22:38:19

テーマ:(か行)

ナタリー・ポートマンがいい。

小説家が執拗にくだらないことを聞き出すことで、すっかり恋が醒める場面がある。俺は、本当に何もなかった、と感じる。アリスは本当のことを言っているのに、嘘しか信じてもらえない。そのことが恋が醒めた原因だ。パスポートの名前の件で、ますますそう思った。アリスが愛しかった。

ジュウド・ロウ演じる売れない小説家は本当に酷い奴で、最後、勝手にホームレスにでもなって死ねば、と思う。

この映画が意味不明で面白くもないラブコメディに感じられた方、モーツァルトを聞いてください。「フィガロ」も最高にエロで面白い!古典の有名作品がこんなに不道徳でいいのか、と思うこと請け合い!

ジュリアと初めて出会う場面に流れている音楽こそ「コシ ファン トゥッテ」そのもの。甘く重力がなくなるような音楽。恋愛感情の陶酔感をこれほどいやらしく表現している芸術はほかにない。

後半、二人で見に行くオペラの演目も「コシ ファン トゥッテ」。監督がこれを意識していないはずがない。二人は舞台を見ないが、テレビに舞台が映っている。音楽も聞こえる。

登場人物が好んで聞いたり見たりする音楽としては不自然だ。だって、楽屋落ちみたいだもの。自分たちを嘲笑うようなものだから。

日本ではオペラを見る人と、映画を見る人が乖離している。オペラヲタクは、オペラのものすごく細かいことを知っているが、映画を知らない。映画ファンはオペラを見ない。

このような作品に接すると、もっと気楽に音楽も映画も見ればいいのに、と思う。

チャットの場面は、ロッシーニのパロディかな?
(後日追記します。この曲はロッシーニ作「シンデレラ」序曲だということがわかりました。サウンドトラック の一覧がありますのでご参考までに)

ロッシーニも脳天気なオペラをいっぱい書いています。「フィガロの結婚」の前編、「セビリアの理髪師」が有名です。あの場面の曲が、ロッシーニの序曲だったのか確信がありません。どなたかわかる方がいたら教えてください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「クローサー」 女はみんなこうしたもの!

2005-05-24 20:58:59

テーマ:(か行)

映画「クローサー」の登場人物は人形のように動く。ジュウド・ロウが、ジュリアに執拗に迫り、クライヴがナタリーを何とか落とそうとする。それぞれの行動原理がよくわからない。

なぜなら、これは「コシ ファン トゥッテ」だから。

老哲学者との賭けに、勇んで応じる青年士官たち。老哲学者の提案は、お互いの許嫁を全力で口説き落とすこと。お互いを信頼しているなら、いくら強く迫っても、お互い、こちらになびくはずがない。

どうです?面白そうでしょ?これがどのように実際の舞台で展開するのか、ぜひ本物を見て欲しい。

女の胸に手を入れて、「このドキドキしているのは、なあに?」なんていうデュエットもあります。ドキドキ♪ドキドキ♪なんて八分音符のフレーズが付いているので、舞台の上で、どうしても胸元に手を入れないとサマにならない。映画と違い、オペラは生ですからねえ。

長くなった。

このふざけた賭は、老哲学者の圧勝で終わる。全員で高らかに歌う歌「コシ ファン トゥッテ!」

イタリア語で「女はみんなこうしたもの!」。

さあ、女性は怒ってください。

(この項続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「クローサー」 恋人たちの学校=コシ ファン トゥッテ 

2005-05-24 17:39:25

テーマ:(か行)

「フィガロ」と同じ、ダ・ポンテのシナリオ。音楽はモーツァルト。恋愛場面の陶酔感は、この映画「クローサー」に使われて違和感がない。エロティックだ。

男女二組いれば「コシ ファン トゥッテ」である。そう言ってわかる人には、これ以上の説明はいらない。

モーツァルトのオペラで最もモーツァルトらしい作品は「ドン・ジョヴァンニ」「フィガロの結婚」「魔笛」。

「ドン・ジョヴァンニ」序曲冒頭の d-moll の和音が、強い印象を残す映画「アマデウス」。アマデウスのファザコンを暗示して威圧する音響だった。変な石の像が出てきたでしょう。あれです。「ドン ジョヴァンニ」とは、「ドン ファン」のことです。

「コシ ファン トゥッテ」は、糞真面目な芸術評論家たちから目の敵にされてきた。曰く、登場人物たちが木偶だ、人物が描かれていない、内容が不道徳だ、云々。。

時代は変わり、最新の評価として、この作品こそ最もモーツァルトらしいオペラ ブッファ(喜歌劇)ということになっている。俺もそう思う。たまらなくおかしい歌劇なのだ。ふざけきっていると言ってもいい。そこがいい。

話はこうだ。

二人の真面目な青年士官。お互いに許嫁がいて、自分の許嫁ほど貞淑な女はいない、と自慢する。それをからかう老哲学者。

「女は移り気だよ、貞淑な女なんて、エジプトにいる不死鳥のようなものだ。誰もが口にするが、誰も見たことがない」。

年寄りだけにうまいことを言う。

いきり立つ、二人の青年士官。剣を振り回し、決闘だ!という騒ぎ。

「それならこうしよう。これから24時間、この老人の言うとおりに行動したまえ。それで、君たちの許嫁の貞淑を試そう。君たちの言うとおり、女たちが貞淑であったなら、相応の金を与えよう。この賭けに乗るかね?」。

(この項続く)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「キングダム オブ ヘブン」 見てきたぞ!

2005-05-18 01:55:55

テーマ:(か行)

この長い作品を一言で言うと、「ま、おまえら、仲良くしろよ」ということだ。

聖地エルサレムを巡る、モスリムと十字軍の果てしない争奪戦の一こま。

大スクリーンでじっと見る以外にはおそらく見る気がしない。その意味から、劇場で見る価値のある作品だ。プレミアムシートで2時間25分、じっくり見た。夜だったので、俺たち二人だけ。楽しみました。

オーランド ブルームのハンサムぶりは見たとおり。ただしそれ以上に魅力を感じない。

ヒロインの、エヴァ グリーン。予告でのミステリアスな美貌ぶりに期待したのだが、予告以上の映像がなく、役どころとしても魅力に乏しい。かなり贔屓目で見ても何を考えているのか不明。残念ながら馬鹿に見える。

ミステリアスな美貌は大好きだが、意味ありげなだけで何もないヒロインでは役者としても演技のしようがないだろう。損な役回りだ。

エルサレムを奪い取る、サラディーンが渋くてよかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「コンスタンティン」 おまけ(ネタばれなし)

2005-05-12 14:17:07

テーマ:(か行)

神とサタンの賭け。

なぜコンスタンティンが、この地上で働かなくてはならないかの、キイ ワードのひとつです。

聖書には、神とサタンのやりとりが記されたところがあります。

旧約の「ヨブ記」。

長いのですが、第1章だけ読めば十分。結末が気になるのなら真ん中を全部飛ばして最後の章を読む。

これだけで「ヨブ記」が語れます。

世界最古の文学作品でもある「ヨブ記」を楽しむと、一層コンスタンティンの世界が楽しめると思います。

参考になりましたか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「コンスタンティン」 さらに楽しむ(ネタばれなし)

2005-05-12 10:29:35

テーマ:(か行)

アブラハムが神の命令に従って、モリヤという場所に行き、我が子イサクを殺そうとする。

聖書の創世記のなかでも特に有名なエピソード。レンブラントの絵にもあります。

激しい葛藤と一瞬の救済を描く画題で、緊迫した構図の絵画作品がたくさん作られています。

その画題がこの作品の中にも出てきます。ジョン コンスタンティン は、JCの名前を持っていますが、聖書のJCとはかけ離れたキャラなように、この画題もねじれています。そこが爆笑を誘います。

アンジェラが、バスタブで水に頭から浸される場面。これは、バプテスマそのものです。

アメリカの福音派の教会では、信仰を表明した人は、バプテスマを受けます。そのような教会には必ず、バプテスマ プールがあり、コンスタンティンがアンジェラを水に沈めるのとまったく同じように、牧師がバプテスマをするのです。牧師が意地悪で、水に沈めたままだったら・・・・・・!

コンスタンティンが、ある理由で力尽きて、引きずられる場面。腕と身体で十字架の形が見て取れます。聖画のモチーフがあちこちに出てくるのを見つけるのも面白いと思います。

参考になりましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コンスタンティン」を楽しむために(ネタばれなし)

2005-05-11 20:11:57

テーマ:(か行)

ジョン コンスタンティン のイニシャル、J.C.これは何を表すでしょう?
聖書のなかで J.C のイニシャルを持っているのは・・・・・・。

双子の姉妹が出てきますが、一人の名前は、アンジェラ。これは・・・・天の使いをあらわす・・・。

大天使ガブリエル。天使には性別がありません。男でも女でもあるのです。ガブリエルは、ナザレにいた処女マリアのもとに現れ、神の子イエスキリストを身ごもったことを告げた特別な天使です。

なのに、この映画では・・・。

「お前を天国に送ってやる!」と言われたら、普通、殺されることですが、聖書では、死んだ後「天国に行くこと」と、「地獄に行くこと」とが、はっきり区別されています。当然、死んだ後、天国に行くことが望ましいのです。

なのに、脅迫の言葉として、「さあ、本当のことを言え。さもないと天国に送るぞ」と言われたらどうでしょう。天国に送られるのが厭なのは・・・・・。

コンスタンティンはある理由で、天国に行けないかもしれないのです。ところが、ある瞬間、天国に行きそうになります。その昇天の場面、指で作るハンド サインを見落とさないように。。わかったら笑ってください。

参考になりましたか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)