「竹島を忘れるな!」続・日本のアラモ

済州島を占領され、おいしい苺を食べられなくなった韓国国内でも日本に対する感情は複雑だ。徹底抗戦を叫ぶ一派、親和策を模索する一派。

ソウルは一触即発の状態。人心は荒廃し、治安は悪化している。

ここに、志ある憂国の志士が立ち上がった。韓国北部の空港のあるインチョンに集まり、国のためにソウルの治安回復に身を挺することを誓う。

これをインチョン組(仁川・じんせんぐみ)と言う。組長は芹沢鴨。。。なんちゃって。

にわかやがな、にわかにわか。。。
怒りなや。しゃれやがな。。

ゆるしたって。。。
映画侍 (2005-06-05 13:20:50)

■仁川組

当然「猟奇」全智賢も加わります。沖田役です。いいな!最高!!!

テヒョン(キョヌ役の人。韓国女子に大人気!)も確定。

鴨は、シルミドのサングラスの人(誰だよ?)

近藤は、シルミドの主人公(オアシスでも主演したあのうまい人)。あとは適当に。

「殺人の記憶」の刑事の人もいいなあ。永倉?

「オールドボーイ」の、二人もいいねえ。

こうやって、中途半端な知識でも韓国側の配役も考えられるなんて、現在の日韓関係をよく表していますね。

(コメント欄で俺が膨らませた続編。いま再アップしていて面白いので記事にします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「竹島を忘れるな!」 日本のアラモ

2005-06-04 22:26:41

テーマ:事件・事故・言説

韓国軍が常駐して実効支配されている日本の領土竹島。

竹島を奪還するため国土奪還義勇軍が組織された。仕事のないリストラ中高年とNEET。全員が志願兵だ。元コクドの社員も多数参戦している。武器は思い思いの手製。銃刀法違反にならない範囲で用意する。おやつは300円まで。

日頃、北朝鮮と緊迫した実戦で鍛えた韓国軍はいざとなると強い。裴のような生白い顔の眼鏡男も機関銃でばしばし撃ってくる。マフラーも忘れない、寒いから。

簡単に蹴散らされる義勇軍。殺された日本人500人。

さあ、そこで叫ぶのだ。「竹島を忘れるな!」

日本人の怒りは沸騰する。テレビのワイドショウによる世論に後押しされるまま、日本国軍は、竹島はおろか済州島まで奪い取る。憲法改正で正式に日本国軍になった元自衛官たちが済州島に常駐する。

ロマンスも入れなくちゃ。

日本国軍済州島駐在所課長補佐、ぎばちゃんと、韓国人スパイ、チェ・ジウ(ベタですが・・・・)の許されざる恋とかもあって・・・・・・・・。駐在所のマドンナは石原さとみか、絵的に。

済州島の苺はでかくてうまい。南大門市場の屋台で売っている。ちょっと高い。

苺が食えなくなった韓国の世論は沸騰する。済州島に攻め入る韓国軍。蹴散らす、日本国軍。

さあ、韓国人は怒った!「済州島を忘れるな!!」

(以下略・延々とスコセッジ調に続きます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)