« 2007年3月 | トップページ | 2008年6月 »

「コーヒー&シガレッツ」  星新一、「ノックの音が」を思い出した。

コーヒーと煙草。二人が向き合うと会話が始まる。

1ダースほどのエピソードすべてにコーヒーと煙草が出てくる。一話だけ紅茶だっけ?

白黒の映像。白と黒のチェックが画面のどこかに使われる。

一つ一つのエピソードが会話だけで成り立っている。友達、いとこ同士?、恋人?、店員とお客・・・。いろいろだ。

ケイト・ブランシェットがケイト・ブランシェットの役で出てくる。美しい。ケイト、素敵ですねえ!いとこが出てくる話だが爆笑ものだ。

もう一つの「いとこ?話」も面白い。売れている有名な俳優の元に、売れない冴えない役者がくる。その男は、調べたら自分はあなたの従兄だということがわかった、と言う。売れている俳優にしてみたらうんざりするような話。体よく追っ払おうとするが、意外な結末が・・・・。と思わせぶりに書く。

星新一のショートショートのパンチ・ラインも意表をつくものがある。スマートで洗練された結末。それが星新一の持ち味だ。

この「いとこ同士?」の結末には笑った。タカ・アンド・トシなら、「そこかよ!!」と突っ込む。予想通り、体よく追い払おうとした有名売れっ子俳優がしくじるわけだが、その理由となる人物の名前が渋いのだ。俺は大いに気に入った。その名前じゃないだろ、と言う名前に異様に食いつくのが可笑しい。「その名前」は有名なミュージシャンだ、とだけ言っておこう。

へんてこなコイルの話もいい。演じているのが本当の兄妹だというのがいい。

ビル・マーレイが、相変わらずのビル・マーレイで出てくるのも笑いました。

コーヒー、最近凝っているのは、カフェ・アメリカーノ。エスプレッソをいれて、お湯で割って飲む。実にソフトで胃に負担がかからない。イタリアン・ローストの豆が香ばしく飲みやすい。

映画のコーヒーはカフェインがたっぷり入っている感じ。煙草も胃に悪そう。でも格好いいな。コーヒーと煙草。最高の取り合わせ。

気が向いたらいつか俺もやってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2008年6月 »