« のだめテレビ版、終わってしまった・・・ | トップページ | 「コーヒー&シガレッツ」  星新一、「ノックの音が」を思い出した。 »

「パフューム(香水) ある人殺しの物語」 壮大なホラ話。

ジャン=パティスト・グルヌイユ。主人公の名前だ。魚の臓物の腐敗臭にまみれてこの世に産み落とされる。五歳まで言葉を発せず、特別に鋭敏な嗅覚を持つ。

この男がいかにして残忍な殺人者となり、どのように処刑されるのかがサスペンスとなる。香水にまつわるぞっとして蠱惑的なホラ話だ。

この主人公の造形が「アスペルガー」ではないか、と俺に意見を求めた人物がいる。そう。俺の若き美貌の師匠!さすが師匠。俺の理解者、よき助言者、まさに師匠。またまた惚れるぜ、師匠。

主人公は生まれ落ちてすぐ魚の臓物の掃き溜めに捨てられ、ほとんど仮死状態になった。言葉が遅い。感覚の異常な鋭敏さ。他者への共感のなさ、執拗なある特 定の香りへの執着、笑わないところ、生真面目に言われた通りを試す硬直した態度、思い通りに行かないと錯乱に近い行動をとる・・・。

いわゆる自閉症、広汎性発達障害の状態に似ている。アスペルガーとも言えるが、高機能自閉と言われる感じだろう。このような脳の器質的障害を前提にこの主人公の行動を見ると理解しやすい。

この主人公は自己の目的=究極の香水作りを果たすためには、殺人もなんら躊躇しない。物語を見ている者も、香水の妖しい魅力に興味をそそられ、あのように身の毛もよだつ製法で作られた至高の香水とはどのようなものだろう、と考えてしまう。

その香水の魔力はすさまじい。香りを嗅いだ者の理性を狂わせ、全世界の人々よ、抱擁せよ、接吻せよ、とシラーの詩を合唱で歌い上げた、これもアスペルガーが強く疑われるBeethovenの世界が現実化してしまう事態が起こる。

ジャン=パティスト は、パプテスマのヨハネ、と言う名前だ。聖書の福音書の始めに登場し、キリストの来る道を備えよ、と言った人物だ。ジャンが十字架で処刑されようと引き出されたとき、香水の魔力で群衆たちが「この人に罪はない!」と叫ぶ。これはキリスト処刑の場面だ。

ラストシーン間際、生まれた街に帰った主人公、究極の香水を頭からしたたり落ちるように浴びる。この行為自体が「バプテスマ」のようにも見えるし、「油注がれた者」、つまりユダヤ人の王=キリストを意味する姿だ。

このように、この「香水」の物語は隠喩を用いた壮大なホラ話だ。どこかシニカルな笑いが常に付け加えられ、映画として楽しんだ。

師匠の最後のひとこと。「汚いところで生まれるのもキリストと一緒ね。」

そうです、それでこそ師匠。俺と師匠、完璧にシンクロして楽しい映画談義のひとときだ。師匠にさっぱりとした素敵な香水をプレゼントしよう。愛してる、師匠!!

|

« のだめテレビ版、終わってしまった・・・ | トップページ | 「コーヒー&シガレッツ」  星新一、「ノックの音が」を思い出した。 »

「映画(は行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/14336016

この記事へのトラックバック一覧です: 「パフューム(香水) ある人殺しの物語」 壮大なホラ話。:

« のだめテレビ版、終わってしまった・・・ | トップページ | 「コーヒー&シガレッツ」  星新一、「ノックの音が」を思い出した。 »