« のだめカンタービレ ピアノ科の女子。 | トップページ | 「パフューム(香水) ある人殺しの物語」 壮大なホラ話。 »

のだめテレビ版、終わってしまった・・・

「音楽を続けることがあたりまえのことではないこと・・・」。

竹中直人扮するミルヒがつぶやく言葉。この言葉を噛みしめる。

テレビ版のだめがさっき終わってしまった。。。 放心状態である。

幸福な時間が過ぎ去ってしまった。楽しかったなあ、のだめ。

上野樹里最高だった。玉木宏も良かった。

玉木宏の指揮ぶりは相当さまになっていた。あの指揮で、オケが演奏できるレベルだ。実際は音に合わせた振り付けなのだろうが、実に指揮をしているように見えた。

音楽大学の声楽科を出た友人が話しているのを聞いた。「玉木宏の指揮はちっともうまくない。あんな指揮で音楽が変わるなんて思えない。」

俺はその人がオーケストラをやったことがなく、指揮を学んだことがないことがわかった。

巨匠のもやもやした自己陶酔のような指揮ばかり見ていると、千秋の指揮は物足りないだろう。だが、千秋の指揮ぶりは、基礎をきちんと練習した「見える」指揮だ。派手なパフォーマンスはない。すっきりとテンポとメリハリを示す、ハッタリのない指揮だ。好感が持てる。

先週はアフリカに旅立つ友の送別会があり「のだめ」を見逃した。俺のまわりの女子が何人か、録画したものを貸してくれる、と言ってくれたのだが、今日に至るまで手元に届かない。とほほ・・・。

師匠には「なに?見てないの?だめじゃない!」と怒られるし・・・・。しかも師匠は「シューベルトって大嫌い。暗くて最悪。なにあの曲?」と俺の好きなシューベルトをこき下ろされるし。さんざんだ。

今週ののだめは千秋先輩の白目がめまぐるしく、笑ったなあ。のだめに抱きつくシーンでは不覚にも涙が流れた。いい奴だな、千秋。

ベートーヴェンの七番。俺にとっても青春の記念碑のような音楽だ。血が騒ぐ。冷静でいられない。

一楽章と四楽章しかテレビでは出てこないが、二楽章の美しさは例えようもない。主題も美しいのだが、展開部のフーガの切実さが素晴らしい。ある演奏会で、フーガ部分で、舞台と客席がシーンと水を打ったようになったことがある。もちろん演奏は続いているのだが、静寂が空間を満たした。そのような演奏は何度もできるものではない。

俺は音楽に触れ続けることができた。そのことがどれほど幸福なことであるか、思い続けながらテレビ版の最終回を惜しみつつ見終えた。

|

« のだめカンタービレ ピアノ科の女子。 | トップページ | 「パフューム(香水) ある人殺しの物語」 壮大なホラ話。 »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/13209882

この記事へのトラックバック一覧です: のだめテレビ版、終わってしまった・・・:

« のだめカンタービレ ピアノ科の女子。 | トップページ | 「パフューム(香水) ある人殺しの物語」 壮大なホラ話。 »