« 今週の、のだめ♪多賀谷さん、声楽科(うたか)の子だわ。 | トップページ | のだめカンタービレ ピアノ科の女子。 »

のだめ、忘れないうちに・・・。シューベルトのこと。千秋の指揮のこと。

千秋の見る悪夢の核心でかぶってくる音楽!J.S.Bach「マタイ受難曲」の終曲だ。この音楽は俺を打ちのめす。衝撃を受けるほど素晴らしい音楽だなあ。。。

BeethovenやMozart は聞きたくないときがある。Beethovenは特にうるさくて嫌だ。押しつけがましい。こけおどしが多くて威張っている。一種異様な表現に疲れてしまう。裏返せばすべてBeethovenの素晴らしさでもあるのだが。流れてくると聞き流せないので聞きたくない、と言うことになる。

Mozart もなにか頽廃を感じて鬱陶しいときがある。どこか病んでいるに違いない暗さを秘めた音楽に悪魔の囁きを感じ取る。予期せず流れてくるMozart はそれほど嫌ではないが、颯爽としたアレグロでも聞きたくない朝がある。

Bachは違う。いついかなる時も思わず聞き入ってしまう。朝でも夜でも。疲れていても元気でも。押しつけてこない。ひたすら誠実な職人仕事が迫ってくる。

Bachはいいねえ!

特に寝ぼけた気分の朝。聞いているだけで頭脳が明晰になる。疲れを癒し、精神を高揚させ、秩序の美しさを思い出す。

何が違うのかわからない。音楽の目指しているところが違うのだろうか?Beethoven、Mozartに代表される古典の「大作曲家」とは際立った違いを感じる。

実は同じ感じをシューベルトにも感じる。シューベルトの音楽もどこか別の世界(もっとはっきり言うと死後の世界=天国)を見ている感じがする。

のだめがこれから譜読みをしてさらっていくシューベルトのピアノ・ソナタは恐ろしい虚無の音楽だ。ピアニストの友人によると「夢遊病者のうわごと」のような音楽。やたらに長く繰り返しばかり。そのもやもやした音の連なりに、ものすごく切ない人間の生と死を思うのだ。シューベルト、いいよ。聞いてみ。ピアノ・ソナタ。

シューベルトの最高傑作は「美しき水車屋の乙女」「冬の旅」「白鳥の歌」などの歌曲の数々。永遠の青春の挽歌だ。いましも季節は冬。シューベルトの冬はなまぬるい寒さではない。凍えきった死の世界。その切なさはこの世のものではない。冥界からの音楽をおののきつつ聞いてくれ。

シューベルトはすごいよ。

今週も岩佐真悠子がちゃんと数カット入っていて満足。三木清良もすてきですね。水川あさみさんは本当のヴァイオリニストっぽい。髪が長く手足が長く、クールな顔立ち。ああいう人いますね。芸大や桐朋っぽい。異論もあるでしょうが。。。

この番組の楽器演奏の演技指導は気合いが入っている。オーボエの黒木君は本当に吹いているみたい。フィンガリングの感じが実にうまい。彼はたしかNHKでもピアノを弾いていたらしいね。その演奏っぷりが俳優本人が弾いている感じ、とピアニストの友人が言っていた。みなさんはどう思いますか?俺はそのドラマを一度も見たことがないのでわからない。

千秋の指揮。

ブラームスの四楽書の最後、四分の四拍子を四つ振りで進んできて、アッチェルランドがかかる手前、二つ振りに切り替える。フィナーレの終結部分の二分の二拍子に入りやすいように手前で二つにするのだ。その切り替えるタイミングが、まさにオケを指揮をしていた。

ブラボー、玉木宏!!ブラボー!スタッフ!!

|

« 今週の、のだめ♪多賀谷さん、声楽科(うたか)の子だわ。 | トップページ | のだめカンタービレ ピアノ科の女子。 »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/12971609

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ、忘れないうちに・・・。シューベルトのこと。千秋の指揮のこと。:

» ●のだめ現象:『のだめカンタービレ』のヒットがクラシック界を... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 今年は、モーツァルト生誕250年というでクラシック界が盛り上がっているわけなのだが、それに加えて『のだめカンタービレ』のヒットがクラシック人気に拍車を掛けている。 2.のだめカンタービレとは1)原作 雑誌「Kiss」(講談社)に連載中の少女マ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 7日 (木) 23時37分

» のだめカンタービレ [バッグ 小物館]
「のだめカンタービレ」とは何か、みなさんはご存知ですよね。月9で放送中のドラマです。もともとは同題名の少女漫画です。「のだめカンタービレ」の由来は [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 23時43分

« 今週の、のだめ♪多賀谷さん、声楽科(うたか)の子だわ。 | トップページ | のだめカンタービレ ピアノ科の女子。 »