« 2006年11月 | トップページ | 2007年3月 »

のだめテレビ版、終わってしまった・・・

「音楽を続けることがあたりまえのことではないこと・・・」。

竹中直人扮するミルヒがつぶやく言葉。この言葉を噛みしめる。

テレビ版のだめがさっき終わってしまった。。。 放心状態である。

幸福な時間が過ぎ去ってしまった。楽しかったなあ、のだめ。

上野樹里最高だった。玉木宏も良かった。

玉木宏の指揮ぶりは相当さまになっていた。あの指揮で、オケが演奏できるレベルだ。実際は音に合わせた振り付けなのだろうが、実に指揮をしているように見えた。

音楽大学の声楽科を出た友人が話しているのを聞いた。「玉木宏の指揮はちっともうまくない。あんな指揮で音楽が変わるなんて思えない。」

俺はその人がオーケストラをやったことがなく、指揮を学んだことがないことがわかった。

巨匠のもやもやした自己陶酔のような指揮ばかり見ていると、千秋の指揮は物足りないだろう。だが、千秋の指揮ぶりは、基礎をきちんと練習した「見える」指揮だ。派手なパフォーマンスはない。すっきりとテンポとメリハリを示す、ハッタリのない指揮だ。好感が持てる。

先週はアフリカに旅立つ友の送別会があり「のだめ」を見逃した。俺のまわりの女子が何人か、録画したものを貸してくれる、と言ってくれたのだが、今日に至るまで手元に届かない。とほほ・・・。

師匠には「なに?見てないの?だめじゃない!」と怒られるし・・・・。しかも師匠は「シューベルトって大嫌い。暗くて最悪。なにあの曲?」と俺の好きなシューベルトをこき下ろされるし。さんざんだ。

今週ののだめは千秋先輩の白目がめまぐるしく、笑ったなあ。のだめに抱きつくシーンでは不覚にも涙が流れた。いい奴だな、千秋。

ベートーヴェンの七番。俺にとっても青春の記念碑のような音楽だ。血が騒ぐ。冷静でいられない。

一楽章と四楽章しかテレビでは出てこないが、二楽章の美しさは例えようもない。主題も美しいのだが、展開部のフーガの切実さが素晴らしい。ある演奏会で、フーガ部分で、舞台と客席がシーンと水を打ったようになったことがある。もちろん演奏は続いているのだが、静寂が空間を満たした。そのような演奏は何度もできるものではない。

俺は音楽に触れ続けることができた。そのことがどれほど幸福なことであるか、思い続けながらテレビ版の最終回を惜しみつつ見終えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめカンタービレ ピアノ科の女子。

のだめの幼年期の嫌な思い出が語られた。

ピアノ科の学生には音楽が好きではない人がいる。物心付いたら時からピアノをやっていて、親に言われるまま音大に進んではみたものの、ピアニストになりたいわけでもなく、そう簡単にコンサート・ピアニストとしてで食っていけるわけもなく。第一音楽はそんなに好きではない。


バッハなんて試験に必ずあるから弾くけど、初見じゃ絶対弾けないし、退屈。・・・・暗くてつまらない。古いし。ショパンとか結構好きかも。エチュード弾かされた。ベートーヴェンの交響曲?・・・運命とか?田園とか?・・・・あ、第九もね。それ以外聞いたことない。


オケってなんかとっつきにくいし、よく知らない。管楽器の子がマーラーとかブルックナーとか言ってるけどなんかうるさいだけ。伴奏もつまんないし。


え?仕事?・・・幼稚園の先生にでもなろうかな。子供可愛いし。なんか楽しそう。


音大行ってるって言うと合コンでもてるし、適当に遊んで、あと田舎に帰ってピアノ教室でもしようかな。


・・・・・・・・・。


俺の幼なじみで職業で音楽をやっている女子がいる。その人はつい最近「私は音楽が好きでやってきたわけじゃないから。親が教育ママで言われるままに やってきただけ。最近、ちょっと音楽も楽しいかな、と思う」と語った。俺はその女子と同じクラスで小学生時代を過ごした。もちろん一緒に「合奏」したり、 俺が指揮してその女子がピアノ伴奏する「合唱」で「音楽会」に出たりしたものだ。俺は子供の頃から音楽が大好きだ。その女子がその頃からそのように感じて 今も音楽を職業にしていることに少し驚きを感じた。


だが、まわりを見回してみるとそのような音大卒の「主婦」は結構いるものだ。音大を卒業してしばらくはピアノ教室で仕事をしたりするが結婚して子供が生まれ、もうまったくピアノを弾かなくなった、というような人。


のだめがいま千秋先輩から学んでいるのは、「音楽の喜び」なのだろう。千秋自身も、音楽が好きなのだ、ということを改めて確認して先に進もうとしている。ピアノが弾けても、音大を卒業しても音楽が好きではない人というのは結構いるものだ。


もしかしたら、演奏家のなかにも「音楽嫌い」はいるかも知れない。職業になり、リハーサルに追われ、ストレスが募ってくると、プライベートな時間ぐ らい音楽なしでいたい、と思うようになるかも知れない。音楽を職業にするとはそのようなことだ。音楽を楽しみで演奏しているわけではないのだから。職業に なると苦しみが多くなる。音楽なんか聞きたくもないという気持ちがよくわかる。


シューベルトのことが書けなくなった。この続きは改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

のだめ、忘れないうちに・・・。シューベルトのこと。千秋の指揮のこと。

千秋の見る悪夢の核心でかぶってくる音楽!J.S.Bach「マタイ受難曲」の終曲だ。この音楽は俺を打ちのめす。衝撃を受けるほど素晴らしい音楽だなあ。。。

BeethovenやMozart は聞きたくないときがある。Beethovenは特にうるさくて嫌だ。押しつけがましい。こけおどしが多くて威張っている。一種異様な表現に疲れてしまう。裏返せばすべてBeethovenの素晴らしさでもあるのだが。流れてくると聞き流せないので聞きたくない、と言うことになる。

Mozart もなにか頽廃を感じて鬱陶しいときがある。どこか病んでいるに違いない暗さを秘めた音楽に悪魔の囁きを感じ取る。予期せず流れてくるMozart はそれほど嫌ではないが、颯爽としたアレグロでも聞きたくない朝がある。

Bachは違う。いついかなる時も思わず聞き入ってしまう。朝でも夜でも。疲れていても元気でも。押しつけてこない。ひたすら誠実な職人仕事が迫ってくる。

Bachはいいねえ!

特に寝ぼけた気分の朝。聞いているだけで頭脳が明晰になる。疲れを癒し、精神を高揚させ、秩序の美しさを思い出す。

何が違うのかわからない。音楽の目指しているところが違うのだろうか?Beethoven、Mozartに代表される古典の「大作曲家」とは際立った違いを感じる。

実は同じ感じをシューベルトにも感じる。シューベルトの音楽もどこか別の世界(もっとはっきり言うと死後の世界=天国)を見ている感じがする。

のだめがこれから譜読みをしてさらっていくシューベルトのピアノ・ソナタは恐ろしい虚無の音楽だ。ピアニストの友人によると「夢遊病者のうわごと」のような音楽。やたらに長く繰り返しばかり。そのもやもやした音の連なりに、ものすごく切ない人間の生と死を思うのだ。シューベルト、いいよ。聞いてみ。ピアノ・ソナタ。

シューベルトの最高傑作は「美しき水車屋の乙女」「冬の旅」「白鳥の歌」などの歌曲の数々。永遠の青春の挽歌だ。いましも季節は冬。シューベルトの冬はなまぬるい寒さではない。凍えきった死の世界。その切なさはこの世のものではない。冥界からの音楽をおののきつつ聞いてくれ。

シューベルトはすごいよ。

今週も岩佐真悠子がちゃんと数カット入っていて満足。三木清良もすてきですね。水川あさみさんは本当のヴァイオリニストっぽい。髪が長く手足が長く、クールな顔立ち。ああいう人いますね。芸大や桐朋っぽい。異論もあるでしょうが。。。

この番組の楽器演奏の演技指導は気合いが入っている。オーボエの黒木君は本当に吹いているみたい。フィンガリングの感じが実にうまい。彼はたしかNHKでもピアノを弾いていたらしいね。その演奏っぷりが俳優本人が弾いている感じ、とピアニストの友人が言っていた。みなさんはどう思いますか?俺はそのドラマを一度も見たことがないのでわからない。

千秋の指揮。

ブラームスの四楽書の最後、四分の四拍子を四つ振りで進んできて、アッチェルランドがかかる手前、二つ振りに切り替える。フィナーレの終結部分の二分の二拍子に入りやすいように手前で二つにするのだ。その切り替えるタイミングが、まさにオケを指揮をしていた。

ブラボー、玉木宏!!ブラボー!スタッフ!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年3月 »