« 「のだめカンタービレ」テレビ版 コメディエンヌ、上野樹里! | トップページ | 「かもめ食堂」 日本のソウル・フード、おむすび。 »

「のだめカンタービレ」テレビ版 下手くそなオケ

相変わらずツボだ。息を呑んでテレビの画面に釘付けになっている。

Beethovenの七番。

俺 が子供の頃ウィーン・フィルがベームと来てNHKホールで演奏した。FMで生中継もした。ステレオの前でドキドキしながらその生放送を聞いた。高価だった 音楽用のカセット・テープを用意し録音した。曲間でテープを裏返すとき手が震えた。そのテープをどれだけ聞いたことか。いまも手元にある。

ブラームスの交響曲第1番。シューベルトの未完成交響曲。モーツァルトのジュピター。そして、ベートーヴェンの交響曲第四番と七番。いまでも胸躍る白熱の演奏だ。俺のその後の人生にも大きく影響を与えた演奏だ。

そんな青臭い思い出までよみがえってきた。

前 回のスプリング・ソナタのヴァイオリンの下手さ加減がとてもいい感じだったが、今回のオケの下手さには笑った。オーボエやホルンの誇張された下手さはいか にも、なのだが、チューニングのAを合わせる管楽器の合っていなさ加減が実にリアル。あれはうまい人が下手にやった音ではない。普通の下手な学生オケが普 通に吹いた下手さだった。マニアックな下手さ、とも言える(言えるか???)。

ベートーヴェンの冒頭の音の合わない感じ、トランペットの音程がぶら下がった感じ、弦楽器のアンサンブルの乱れ方、どれをとってもアマチュア・オーケストラのリアルな下手さだ。音大のオケもあの程度なのかな?そうでないことを期待したいが・・・。

下 手な演奏はやっぱり不快なので、あまりドラマや映画に出てくることはない。以前、高校のオーケストラのドラマがあって、下手なオケの場面が出てきたが、そ のドラマの下手さは、プロが少し下手っぽく弾いた感じのうまい演奏だった。俺はあまり面白くなかった。アメリカ映画「陽の当たる教室」のオーケストラもそ んなに下手ではなかった。

今回、のだめオケの下手な演奏は実に下手だ!!!これは褒め言葉である。漫画そのもののドラマなのだが、細部にリアリティがあってとても満足だ。

このドラマに携わったスタッフに嫉妬を感じる。楽しいだろうなあ。

今週も実に楽しんだ。

|

« 「のだめカンタービレ」テレビ版 コメディエンヌ、上野樹里! | トップページ | 「かもめ食堂」 日本のソウル・フード、おむすび。 »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/12495904

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ」テレビ版 下手くそなオケ:

« 「のだめカンタービレ」テレビ版 コメディエンヌ、上野樹里! | トップページ | 「かもめ食堂」 日本のソウル・フード、おむすび。 »