« 「松川事件(1961)」 恐ろしい国家犯罪 | トップページ | 「ミリオン ダラー ベイビー」 店の名前もうひとつ »

「ミリオン ダラー ベイビー」 レモンパイの店の名前

"IRA'S ROADSIDE DINER"
レモンパイの店の名前が出たとき、スリゴの観客はスクリーンを指さして笑いどよめいた。IRAの食堂?Ira はアイルランドではあまりない名前だ。大文字にすると I.R.A.       

これは、やばい名前だ。

    

  Irish Republican Army (アイルランド共和軍)の略で系過激派組。
  北アイルランドのイギリスからの独立を主張する。民族主義ゲリラ集団。
  イギリスにとって、テロ・民族主義反政府組織。
  政治部門はシン・フェイン党。(シン フェインは、「我ら自身」の意味)

1991年にダウニング街にロケット砲を三発打ち込んだのはこいつ等だ。実にやばい。メイジャー首相を殺そうとしたのだ。いまでも過激な活動は止むことはない。
=============================
(この記事のポイントを上にあげて見やすくしました。)


ネットを見ていてあった記事。面白いので少し原文を。アイルランドのスリゴに住んでいる人が、アイリッシュのステレオタイプについて語っている。

million dollar irish stereotypes

justsaw "million dollar baby" last night, which i had been looking forwardto. i love clint eastwood as an actor, and his film "unforgiven" is inmy top ten.
俺も「許されざる者」が大好きだ。筆者と意見が合う。

i enjoyed million dollar baby enough, but i positively cringed as i sat watching with an audience in sligo.

sligo*is* inisfree, the land of which frankie (clint's character) reads froma little black book of yeats' poetry to maggie. when he quoted from thebook, there was a rippling whisper through the crowd.

作品を楽しんだが、スリゴの観衆と一緒に、肯定的jな「躊躇」を感じた。スリゴは、イェーツの故郷。フランキーが詩を読む場面で、さざ波のように囁きが広がった。 様子が見えるようです。

whenfrankie gave maggie the green silk robe, and didn't tell her what "mochuisle" meant, everyone one in the cinema audience was muttering andwhispering to confirm the meaning. and of course that it was spelledwrong.
緑のローブ、「mochuisle」の文字。ボクシングの観客は、ぶつぶつどんな意味か囁きあう。しかし、スペルが違うんだって!面白い。

likewise, in the film, the camera cut to shots of theaudience at the boxing match in london, and focused on some "irish"people who looked at each other, noticing the irish words on the backof the robe and started chanting, mo chuisle. now- if you had ANY DOUBTas to whether these people were in fact irish or not, it was clear,because they were all WEARING GREEN. green jumpers, green hats, greenjackets. this minor fact was not lost on my cinema audience, andeveryone had a good laugh at that.

ロンドンの試合では、はっきりアイルランドの人たちが観客にいる。疑いなくアイリッシュだと分かるのは、必ず緑の物を身につけているから。リスゴの観客も笑った。

likewise, at a later fight,more apparently irish fans came to support maggie fitzgerald.everybody, of all backgrounds, were waving the tricolour. but, therewere some "true" irish people there. in case you weren't sure, it wasobvious because they all had white beards, tweed jackets and flat caps!

アイルランドの三色旗も映る。本物のアイルランド人もいる。白いあごひげ、ツゥィードのジャケット、平らな帽子。

the funniest, absolutely funniest part was when they stopped for the best lemon pie at "IRA'S ROADSIDE TAVERN", which made people in sligo point to screen, and roar with laughter. IRA's Roadside Tavern?? Of course, Ira is not a common name in ireland, and in all-caps, it's especially not difficult to read this as I.R.A... If this reference wasn't done on purpose, it seems a massive oversight.
ここが一番面白い。

レモンパイの店の名前が出たとき、スリゴの観客はスクリーンを指さして笑いどよめいた。IRAの食堂?Ira はアイルランドではあまりない名前だ。大文字にすると I.R.A.       

これは、やばい名前だ。

    

    Irish Republican Army (アイルランド共和軍)の略で系過激派組。
    北アイルランドのイギリスからの独立を主張する。主義ゲリラ集団。
    イギリスにとって、テロ・民族主義反政府組織。
    政治部門はシン・フェイン党。(シン フェインは、「我ら自身」の意味)

1991年にダウニング街にロケット砲を三発打ち込んだのはこいつ等だ。実にやばい。メイジャー首相を殺そうとしたのだ。いまでも過激な活動は止むことはない。


So it makes me wonder, what is clint on about here?
i'mnot sure exactly why the two main characters are apparentlyirish-american, and what this means to an american audience for whomthe film was made.
二人の主要な役がアイリッシュであることが、アメリカ人の観客にどのような意味を持つか分からない。

Why is it important that the main characteris struggling with some kind of guilt, that he talks to an unsuallyyoung american priest, that he reads "gaelic", and irish poetry... thatthe young boxer's name is "maggie fitzgerald"? i dunno... maybe it's"the fighting irish" thing... ?
なぜ、アイリッシュであることを強調しているのか?マギー・フィッツジェラルド?たぶん「戦うアイリッシュ」の意味だろう。

It rather reminds me of hearing fromIrish people who've lived in places like East-Boston, and describinghow they felt as if they were less Irish than these Irish-Americanswith their celtic knot-work tatoos.
ケルトの編み物柄の入れ墨をしたアイリッシュたちが、 東ボストン(ミスティックリヴァーの町だ)に住む。その数はアイルランド人より多いんじゃないかと、そのあたりのアイリッシュが言ってることを思い出した。

Other than the possible reference to a stereotype of the "fighting irish", the Irish-ness ofthe characters seems peripheral and at least while watching it with anIrish audience, it was particularly jarring in its ignorance anddistracting.
そのほかに読み取ることの出来るステレオタイプは「戦うアイリッシュ」。でもその「アイリッシュ性」はまとまってあらわされてはいない。一アイリッシュとして見てもはっきりしないところだ。

こんな感じでしょうか。雰囲気は分かると思います。

|

« 「松川事件(1961)」 恐ろしい国家犯罪 | トップページ | 「ミリオン ダラー ベイビー」 店の名前もうひとつ »

「映画(ま行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/9963698

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミリオン ダラー ベイビー」 レモンパイの店の名前:

« 「松川事件(1961)」 恐ろしい国家犯罪 | トップページ | 「ミリオン ダラー ベイビー」 店の名前もうひとつ »