« 超大物妖精!! | トップページ | カンヌなんて知らねえよ »

必読!芝山幹郎さんの新連載。

2005-06-28 19:30:06
テーマ:映画の周辺

「娯楽映画百万呎」 1 イーストウッドを始発駅に

今回新連載の芝山幹郎氏のコラム。7月号が届いたばかりだが、読み応えがある。クリント・イーストウッドの「ミリオン ダラー ベイビー」に触れているが、今まで読んだ中で一番情報量が多い。

ぜひ皆さんも読んでください。

朝日新聞社のPR誌「一冊の本」 7月号からの新連載。翻訳家の芝山幹郎氏が映画について語るコラムだ。「一冊の本」を購読して読んでください。書店では手に入りません。有料で直接購読するのみです。

「一冊の本」のコラムは充実している。俺の信頼する作家がコラムを連載している。橋本治、金井美恵子、鹿島茂、宮沢章夫、酒井順子、小倉知加子。これだけ読む記事があれば十分だ。

出版社のPR誌が好きで、「波」「ちくま」「図書」「一冊の本」「本の話」は金を払って購読している。風呂に入るとき持っていって読むのが楽しみだ。

金井美恵子氏のコラムも必読。毎月一番最初に読んで爆笑する。改めて紹介したい。

タイトルの「百万呎」、読めますよね。ヒャクマンジャク?それはアルプス一万尺、でしょう。

映画ファンなら、百万フィートと読まなくてはね。このタイトルからしてマニア心をくすぐります。

ぜひお読みください。

|

« 超大物妖精!! | トップページ | カンヌなんて知らねえよ »

「映画の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8896504

この記事へのトラックバック一覧です: 必読!芝山幹郎さんの新連載。:

« 超大物妖精!! | トップページ | カンヌなんて知らねえよ »