« ギターが欲しい! ギブソンか、マーティンか? | トップページ | ジェイク・シマブクロ 気さくなあんちゃんの凄いウクレレ! »

「ジョアン・ジルベルト 声とギター」

2005-12-16 09:45:05

テーマ:音楽・本・ラジオ

3年ほど前に買ったCDだが久々に聞いてみた。
ジョアン・ジルベルト
ジョアン 声とギター

俺のギターの上達とともに(・・・・ギター弾けることを押し出してますw)ジョアンのギターの美しさと歌の渋さが身に染みる。このアルバムは、「ボサ・ノヴァ」を生み出した伝説の音楽家、ジョアン・ジルベルトが、ギターと歌だけで作ったCDだ。

音楽の最もシンプルな形態。どこにもハッタリのないシンプルな音楽。美しいテンションコードの連なりからなる伴奏。リズムを刻むパーカッションすらない。

いい再生装置で聞くと、ジョアンがそこにいて歌って聞かせてくれるような錯覚を覚える。臨場感のある近接音で録音されている。まったく、ごまかしようのない録音。リップ・ノイズも聞こえる。ギターのコード・チェンジのギリギリという音や、弦の上を移動する指の音、右手のタッチ。つぶやくような低い音域の声。決して張り上げない囁くような歌声。すべてが聞き取れる。

フジテレビの「FNN歌謡祭」で、中島美嘉が、映画「NANA」 の挿入歌「Gramorous Sky」 を歌うのを見た。アコースティック。ギター一本の伴奏で歌う中島美嘉!!!!かっこいい!!!歌もギターも技量がなくてはとても出来ることではない。

コードをかき鳴らす真似事なら俺にもできないこともないが、テレビの生で本番一発!というのはまさしくプロの仕事だ。

エレクトリック・ギターのイフェクトで、どんなに激しくひずませたり大音響で脅しても、音楽の骨格がつまらない作品は聞き飽きる。アコギ一本で成り立つ音楽は楽曲本来の力がある。







・・・・・なんちゃって!!!

|

« ギターが欲しい! ギブソンか、マーティンか? | トップページ | ジェイク・シマブクロ 気さくなあんちゃんの凄いウクレレ! »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8897452

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョアン・ジルベルト 声とギター」:

« ギターが欲しい! ギブソンか、マーティンか? | トップページ | ジェイク・シマブクロ 気さくなあんちゃんの凄いウクレレ! »