« 「野ブタ。をプロデュース」暗くて気持ち悪い堀北真希。 | トップページ | 上戸彩 偏愛 溺愛 »

新撰組!!「土方歳三 最期の一日」大河ドラマのお約束。

2006-01-03 22:43:22

テーマ:TVドラマ

榎本武揚、大鳥啓介、土方歳三。幕末の五稜郭で官軍と最後の戦を闘い、戊辰戦争の終結を見る。


アナクロな幕府の秘密警察暗殺部隊「新撰組」。局長近藤勇の残された写真を見ると、獰猛で危険な殺人者の顔をしている。その新撰組の泣く子も黙る鬼の副長、土方歳三。有名な洋装の写真を見ると、秀麗な美男子だ。優男と言ってもいい。舞台や小説で語られる近藤土方はこれらの写真の影響が大きい。


三谷幸喜の「新撰組!」( 2004年のNHK大河ドラマ)は、この数十年で初めて「NHKの大河ドラマ」というものを見た番組だった。

三谷 幸喜, NHKドラマ制作班, NHK出版
新選組!前編
見た人はわかると思うが、出だしの田中邦衛、野際陽子、沢口靖子などが出てくるホームドラマ風のところは正直言ってつまらなかった。一回目を見て見る気がしなくなった。

ところが、芹沢鴨(佐藤浩市)が大暴れしだした第九回目あたりから目が離せなくなり、夏休みあたりに山南さんの切腹の回があって、もうすっかり三谷幸喜「新撰組!」から離れられない。


山南さん(堺雅人)と、明里(鈴木砂羽)の回は出色の出来で、今思い起こしても喉のあたりに熱いものがこみ上げてくる・・・。泣いた泣いた。


山南さんが切腹するのだが、身請けした遊女、明里には死ぬことを伝えていない。しかし、山出しの苦労人、明里はそんな男の見栄を見抜いている。その明里のいじらしさがどうしようもなく迫ってきて・・・・・・いままた涙涙。。。。


それからは、おなじみになった登場人物を徐々に殺していく。人のいい「源さんの最後」なんて、タイトルからしてずるい。もうはまっている人にとっては、そう来るか、というようなもんだ。見なくても泣ける。展開がわかる。タイトルを見ただけで涙ぐんだりして・・・。


そんなこんなで一年過ぎて、去年は見る番組がなくて寂しかったのだが、今回、残った土方をきっちり死なせてくれた。演じた山本耕史の顔の良さ。

あっけなく散っていく時代に乗り遅れた男たちのエレジーを見届けた。我が身に引き比べ、散りゆく者たちに共感を覚え落涙した。


大河ドラマ「新撰組!」を見てない人にはまったく意味のない記事です。お退屈さま。

|

« 「野ブタ。をプロデュース」暗くて気持ち悪い堀北真希。 | トップページ | 上戸彩 偏愛 溺愛 »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

■TBさせていただきました。

佐藤浩市の芹沢鴨は圧巻でしたね。
山南敬介と明里の件(くだり)も(涙)。
山本耕史は写真の土方歳三に面差しがそっくりでしたし・・・。

 うん、好きです。

『古畑任三郎』、見てしまいましたが・・・。
もぐ (2006-01-06 21:13:58)

投稿: コメント | 2006年3月 1日 (水) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8895696

この記事へのトラックバック一覧です: 新撰組!!「土方歳三 最期の一日」大河ドラマのお約束。:

« 「野ブタ。をプロデュース」暗くて気持ち悪い堀北真希。 | トップページ | 上戸彩 偏愛 溺愛 »