« 「ジョアン・ジルベルト 声とギター」 | トップページ | オータサンのウクレレ。マーティンの特注品。 »

ジェイク・シマブクロ 気さくなあんちゃんの凄いウクレレ!

2005-12-28 18:49:59

テーマ:音楽・本・ラジオ

ウクレレというと、のんきにハワイアンでチャカチャカ弾いている楽器だと思うだろう。それでいい。合っている。
俺もそんな感じのウクレレなら、まったく楽器に触ったことのない人に5分で教えることが出来る。二本の指で四つのコード、それもかっこいいセブンス、ディミニッシュのコードを四つ連続するだけでウクレレ気分が出せる。

持っている人は、Em7 C#dim Am7 D7。これをつなげてチャカチャカやるといい気分です。ずっと、このコードの連続を続けたくなります。歌をのせてもいいし、踊ってもいい。

Am7は指を何も押さえないで鳴るコード。G C E A の調弦の通りの和音。実際指を使うのは三つだけ。和音は連続することで意味を持つようになります。
ジェイク・シマブクロ
ウォーキング・ダウン・レインヒル(CCCD)
このアルバムに付いているDVDでジェイクの録音風景が見られる。スタジオに籠もって何度も何度も気に入った演奏が出来るまで弾き続ける。息詰まるような映像だ。観光みやげのウクレレとはまったく違う。

ジャズ、フュージョン、クラシック、ハワイアン、カントリー、ポップス・・・・。どんなジャンルでも、ウクレレの限界まで技法を駆使して、実に楽しげに演奏する。音楽の喜びを身体いっぱいに表現する。

聞いて気持ちいいばかりか、演奏者としての技術も凄い。「クレイジーG」(スカイラインに収録)とか、「カプリス24番」(サンデイ・モーニングに収録)を聞くとジェイクの並外れた技術がよくわかる。インプロビゼイションを縦横に加え、他では聞くことのできない楽器としてのウクレレの世界がジェイクによって拓かれる。

風貌は、眼鏡をかけた気さくなあんちゃん。日本人なら親戚に誰か似た人を思い出す。シマブクロという名字が示すのは沖縄からの移民なのだろう。

ジェイク・シマブクロ
サンデー・モーニング
誰もがジェイクのウクレレを聞くと、ウクレレという楽器の可能性に驚愕する。ジェイクが使っている楽器は、ハワイのウクレ・レメイカー、カマカの「コンサート」タイプ。この楽器はウクレレの最高峰とも言える素晴らしい楽器だ。ジェイクは特にカマカに思い入れがあるようだ。

ハワイアン・コア材で作られたカマカの楽器は、持つだけでいい香りがして愛着が湧く。このコンサート・タイプ、日本で10万円ほどで買える。最高の物を手に入れる値段としては安い。1,980円のおもちゃに較べたら高いが、おもちゃと較べてはいけない。ウクレレ買うならコンサートタイプがいいですよ。

一般にウクレレと言われている小振りのソプラノは、ころんころんとした音が愛らしい。牧伸二や高木ブーが抱えているのがソプラノ・タイプ。

1940年代ごろ、アメリカでスタンダップ・コミック(漫談家)が、ウクレレを抱え歌いしゃべり、大人気になったそうだ。その影響でウクレレ・ブームが来てたくさん作られた楽器が俺が持っている「リーガル」。特にいいものではない。ただ、マホガニーが使われていてしっかりした作り。バンジョーのようなカラカラした音がする。カントリーっぽい音だ。

コンサート・タイプはボディがやや大きく、ネックも長く作られていて、低音が豊かに響く。コンサートタイプのウクレレは、人間の歌声の音域に重なる。高音は優しいハープのような響き。ウクレレの高音域を聞くと、手の中のハープ、と感じる。

ギターの音域は、ベースからソプラノまでカバーするために、低めの音域に広がっている。ピアノのようにベースと上の和声が同時に演奏できるようになっている。伴奏に都合がいいのだ。ウクレレは声楽などのソリストの音域だ。
ジェイク・シマブクロ
スカイライン

ああ、いいウクレレも欲しいなあ!カマカのコンサートか、G-stringのかっこいい楽器が欲しい。ナカニシのマーティン・タイプ(オオタさんモデル)も一本は欲しいところだ。日本のギター作家茶位さんの、ギター材で作ったウクレレ も欲しい。

ちょうど手頃な大きさと、様々な仕様の違い、音色の違いが収集心をかきたてる。見た目も可愛い。集めるだけでなく全部弾いてみたい。楽器なんか一つあれば十分じゃないの、という人は私の友達ではありません。

いいアコギも欲しいんだけど・・・・・。きりがないなあ。

|

« 「ジョアン・ジルベルト 声とギター」 | トップページ | オータサンのウクレレ。マーティンの特注品。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

■おお!

ジェイク・シマブクロ記事をアップしてくださったんですね!ありがとうございます~!早速CDを注文しておきました。ウクレレもお侍さんご推奨の品を参考にしたいと思います。

来年はうてなXはイーデス・ヘッド風の衣装でポロンポロン♪
うてな (2005-12-29 13:59:35)

■アコギは何持ってるの?

「ドレスは、女性とわかる程度にきつく、淑女とわかる程度にゆったりさせることです。」

渋い。イーデスと言えばハンソンしか知らない非映画侍です。

いま、アコギが欲しくて。山崎まさよしのギブソン・サザーン・ジャンボがいいなあ♪

ギブソンの楽器もすごくいいにおいがする。マーティンも欲しい。両方欲しい。偏った物欲侍です。

書き込みありがとう!!
映画侍じゃないみたい。 (2005-12-29 15:27:28)

■聞いたことのある名前

ジェイク・シマブクロ。
はて?どこかで聞いたことあるなぁと思っていたら、「からだであそぼ」(教育テレビ)で毎日聞いてる曲が彼だったのです。
「アイーダ・アイダ」というタイトル。
ケイン・コスギくんとちびっこたちが
歌い踊ります。とても軽快ないい曲です。
今日もこども達と踊りました。(笑)
機会があればチェックしてみて。
しゅぺる&こぼる (2005-12-29 20:52:16)

■物欲侍さんのお宅

も松崎しげる状態ですね♪

しゅぺる&こぼるさんのおっしゃる番組もチェックしなきゃ☆音楽サポートありがとうございます~。それから我が家でお返事書いてしまいました。おヒマなら来てね♪
うてな (2005-12-30 01:07:32)

■しゅぺる&こぼるさん!

いつも暖かいコメントをありがとうございます。心のすさんだ貧乏侍なのでついお返事が遅れてしまって・・・・。

しゅべる&こぼるさんのお宅のように幸せ感いっぱいのblogにならなくてごめんなさい。

テレビ、見てみます。ジェイクはいい兄貴な感じでしょ?ケインもいいお兄さん!でも気になるのは、言葉。

NHKはなぜか帰国丸出しの「訛った」日本語のタレントを子供向け番組に起用します。これは日本語を壊す恐ろしいことではないでしょうか?

コギャル言葉のなかに「あたし」を「ウテシェ」のように発音する系統があります。

日本語本来の舌の使い方が満足に出来ない結果、サ行がとくに「サ、シェ、シュ、シュ、ショ」のようにだらしない音になります。

魚の「鰺(アジ)」を金髪のねーちゃんに「アジェ」と言われて驚愕したことがあります。当然「鰯(イワシ)」も「イワシェ」と聞こえます。しかも語尾上げで・・・。

舌を使わずに、なるべく口を動かさずに言うとそっくりに発音できます。やってみてください。

だらしない口の動かし方、舌をなるべく使わないしゃべり方が、コギャル語の発音です。

なんて、また毒舌。

しゅべる&こぼるさんに愛想を尽かされてしまう・・・。

良いお年を!!!
映画侍 (2005-12-31 11:22:49)

■言葉は気になります

ケインくんもだけれど女の子もその言葉づかいが激しくなって来ていますね。最初の頃はちゃんと発音していたと思ったけれど。。。最初は訛ってるの?と思ってましたが、コギャル語になっていたのですね。「にほんごであそぼ」とワンセットなんだから(勝手に思ってます)言葉はきちんとして欲しい。
愛想をつかすなんてとんでもない、毒舌が好きなので来年ももっともっとぶった切ってください。
よいお年をお迎えください。
しゅぺる&こぼる (2005-12-31 14:02:21)

■にほんごであそぼ・・・・・

メインがKONIKSHIKI。

KONISHIKIはハワイアン・ミュージシャンとして好きですが、なんで、片言日本語の彼をを幼児向け番組に起用するのか。。。

NHKのミーハー無節操路線が大嫌いです。

今年最後の毒吐き!

今度こそ、ハウオリ マカヒキ ホウ!!
映画侍 (2005-12-31 14:09:19)

投稿: コメント | 2006年3月 1日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8897550

この記事へのトラックバック一覧です: ジェイク・シマブクロ 気さくなあんちゃんの凄いウクレレ!:

« 「ジョアン・ジルベルト 声とギター」 | トップページ | オータサンのウクレレ。マーティンの特注品。 »