« 「COMPETITION(1980)」邦題「コンペティション」 | トップページ | WBC決勝◇対キューバ戦記念 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」 »

桂文楽「愛宕山」

さわらびの握りこぶしを振り挙げて山の頬面春風ぞ吹く

さわらびのにぎりこぶしをふりあげてやまのほおづらはるかぜぞふく

風情のある狂歌だ。(*)

文楽の愛宕山。暇をもてあました大店の旦那が、若い衆を連れて愛宕山に登る。お供は口から先に生まれた太鼓持ちの一八。旦那は一八をからかいながら春の行楽を楽しむ。

女衆も、たすきがけで山を登っていく。緋縮緬の長襦袢が歩くごとに裾から、ちらちらちらちら見えてまことにいい風情。長閑な春の行楽を満喫する。

調子のいい一八は旦那に冒頭の狂歌を、さも今思いついたように聞かせる。あまりの出来映えに感心した旦那は、一八を褒めて小遣いをやろうとするが、ふと気付いて、「おい、一八。お前はさわらびってものを知ってるかい?」と聞く。しどろもどろの一八。「なんだ、盗み句だな?お前の腹からだったら小遣いもやったんだ」。悔しがる一八。

近頃くだらない俳句だか川柳だかわからないゴロ合わせのようなものが横行している。第一生命のサラリーマン川柳(綾小路きみまろがネタ元にしていたことで知られている)や、伊藤園のお茶のペットボトルについている愚にもつかない「標語」。

そのなかから、いくつか。

ウォームビズ ふところ常に クールビズ(第一生命)

メイドカフェ 冥土のみやげに 行ってやる(第一生命)

こんな日は風がないから風になろう(伊藤園・大賞受賞)

プール開き太ももで水を切りひらく(伊藤園・文部科学大臣奨励賞)

くだらない。実につまらない。陳腐としか言いようがない。なんなんだ、これは。

サラリーマン川柳の時代の流れに棹さす悪のりぶりが痛々しい。こんなものが面白いか?

伊藤園の俳句はなんだ。一茶の俳句が大好きだが、一茶の一言一言に較べてなんたる軽薄。こんなものは広告屋の悪どい剽窃だ。審査員が広告屋ばかりだから仕方がない。日本人の大切な文化財を愚弄している。腹が立つ。これこそ衆愚のなせる業だ。

太鼓持ちと言っても何のことか解らないだろう。落語をいくつか聞けばすぐ解るのに。太鼓持ちの出てくる落語は多い。可楽の「富久」に出てくる酒癖の悪い久さん。旦那の針の実験台にされてしまう「幇間腹(たいこばら)」などなど。

志ん生の落語「品川心中」や「居残り佐平次」を元にしたフランキー堺の映画「幕末太陽伝」を思い出してもらえば、幇間や江戸の遊郭の雰囲気がわかる。

落語「愛宕山」は、旦那一行が頂上について「土器(かわらけ)投げ」に興じるところからどんどんエスカレートしてとんでもない展開になっていく。一八の金に執着する姿がおかしくも悲しい。桂文楽の至芸だ。

春の落語。季節を歌い長閑な風情を漂わせ異空間にまで連れて行ってもらえる。「おかしくてやがて悲しき落語かな(お粗末な剽窃です)」。

桂文楽(くれぐれも先代の)。桂文楽の録音を聞いてください。「愛宕山」「船徳」。どちらも抱腹絶倒です。

(*)野暮を承知で解説を。
早蕨(さわらび)は、まだつぼみのわらび。手を握っているように見える。その形を握り拳に見立てて、山の顔を「張る」=殴る。「春」が掛け調(ま、駄洒落ですね)になっているところが味噌。

|

« 「COMPETITION(1980)」邦題「コンペティション」 | トップページ | WBC決勝◇対キューバ戦記念 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」 »

「演芸・芸人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/9148825

この記事へのトラックバック一覧です: 桂文楽「愛宕山」:

» 俳句か川柳か [世は不可解なり]
?  元日は 家が 一番きれいな日 これは何か 川柳だと、私は思う。 しかし、「第十六回伊藤園新俳句大賞」だそうだ。 これは、ペット・ボトルのお茶の包装紙で目にした。 言葉は悪いが、しょうがなく買ったペット・ボトルだ。 はっきりって、ペット・ボトルの日本茶を私... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 13時52分

« 「COMPETITION(1980)」邦題「コンペティション」 | トップページ | WBC決勝◇対キューバ戦記念 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」 »