« ジーコが日本語で話さない理由。 | トップページ | 「ラスプーチンかく語りき」 PR誌「一冊の本」の新連載 »

MUSICAL BATON

2005-06-26 21:45:12
テーマ:音楽・本・ラジオ
質問------------------------------------------------
Q1. Total volume of music files on my computer
  (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

Q2. Song playing right now (今聞いている曲)
Q3. The last CD I bought (最後に買った CD)
Q4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
Q5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
-----------------------------------------
Q1. Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

80Gぐらい。mp3はそのうち10Gぐらい。
生音の編集をするので、録ったままのWAVファイルが多い。CDに編集したまま、ほったらかしてある素材も多い。捨てればいいんだけど。

Q2. Song playing right now
(今聞いている曲)
「Norah Jones/feel the home」
(I love Norah)


「ブラームス交響曲第二番/第四番」ギュンター・ヴァント指揮/シカゴ交響楽団
(聞く必要があって・・・)


「Cafe Brasil」
(これ、最高です。TELDECというドイツのクラシックレーベルから出ています。)


「cafe brasil 2」
(上記のアルバムの中心バンド「エポカ・ヂ・オウロ」というショーロ・バンドが楽しめます。)


「村治佳織/CAVATINA」
(ヨークの「サンバースト」をギターでさらっているので。。。難しいです。)


Q3. The last CD I bought
(最後に買った CD)
       村治
「村治佳織/Transformations」 
■村治さんは、かわいこちゃんギタリストというジャンルではありません。顔もきれいですが、本当に実力のあるギタリストです。安定した技術(生でもミスが少ない)自然な音楽の流れ、構成、しなやかな運指、タッチ、どれをとっても超一流です。見かけに騙されてはいけません。

         
Norha
「Norah Jones/came away with you」

「Norah Jones/feel the home」
■Norah は、今一番のお気に入り。汚い言葉のラップやデスメタはうんざり。Norahの古めかしいスタイルが心地よく、胸に染みこんできます。しゃべると普通の20代のアメリカ娘なところも好き。

Q4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me

(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
1)「shostakovich SYMPHONIES complete」
(BRILLIANT レーベルのショスタコーヴィッチ交響曲全集。バルシャイ指揮南西ドイツ放送管弦楽団)
■ショスタコービッチは、旧ソ連の作曲家。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンから始まる古典音楽の世界を20世紀に締めくくることになった不遇の天才。もっと評価されるべき。今後200年は聞かれるだろう。

2)「Villa-Lobos string quartets complete」
(BRILLANT レーベルの拾い物。ヴィラ-ロボスの弦楽四重奏全集)
■ヴィラ-ロボスはブラジルの偉大な作曲家。バッハ以降のヨーロッパ音楽に深く傾倒し、尊敬を払いつつ、ブラジル音楽の養分によって、ユニークな果実を結ぶことになった天才。多作だが、駄作がない。特にこの弦楽四重奏、すべて傑作!!Amazing!!)


3)「JOAO GILBERTO in Tokyo」
(ジョアン・ジルベルトの2003年12月・東京公演ライブ)
■ジョアン・ジルベルトは、「ボサ・ノヴァ」を作った人。「新しいヴォッサ」は、ジョアンが風呂場にこもって、生み出したスタイル。「生きる伝説」のライブは息を呑む演奏。リラックスして満足げに演奏するジョアンと時間を共有できるのは同時代に生きている者の特権だ。

4)「W.A.Mozart/Grosse Messe c-moll」
(モーツァルトのミサ曲ハ短調。ジェイムズ・レヴァイン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団)
■Mozart の若い頃の作品。映画「アマデウス」の前半に多く使われていた。コンスタンツェとの結婚を認めてもらうため、ザルツブルクの大司教に向けて作曲された。しかしミサ曲としては未完。この曲のソプラノパートは、コンスタンツェが歌うことを前提に書かれている。俺はこの曲が好きで、手に入るCDをだいたい持っている。決定盤がないのもこの曲。おそらくガーディナーの演奏がいいと思うが未聴。DVD欲しい)

5)「First LOVE/Utada Hikaru」
■これは驚いた。いままた聞くと、このアルバムを買ったときのことを思い出す。せつない気持ちになります。(いきなりベタです。。。)

|

« ジーコが日本語で話さない理由。 | トップページ | 「ラスプーチンかく語りき」 PR誌「一冊の本」の新連載 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

■受け取ってくれてありがとうございます

渋い選曲ですね~♪流石、映画侍様です。そして何と今アクセスカウンターが2222です。村治佳織さんのCDはオレも持ってます。たしか三年前に買ったと思いますが、しばらくCDラックに封印されてました。ちょっくら新たな気持ちで聞いてきます。
Heho (2005-06-25 23:37:31)

■おっと、早合点だwww

女子高生さんからの依頼とブッキングしちゃってたんですね・・・。でも、結果的に映画侍さんの選曲を知ることできたので満足です。これからもヨロシクおねがいします。
Heho (2005-06-25 23:41:12)

■TBどうもありがとうございました!!

TBどうもありがとうございました!!
楽しいね!(○-ω-)(●_ _)ペコッ よろしくお願いします!
TBこちらからも貼らせてくださいね。
takuchappy (2005-06-26 09:50:18)

■コメント、トラックバック

ありがとうございました。
村治佳織のDCはわたしも持ってます。
いいですよね。
前にドキュメンタリー番組で彼女のことを
特集していたんですけど
ルックスもですが、話し方などとても魅力のある女性ですね。
「Cafe Brasil」とても興味があります。
ラベンダー (2005-06-26 10:04:32)

■カフェブラジルは

私にとっても一番最近買ったCDです!
もちろん Cafe Brasil も大好きです!
ハーモニカのToots Thielemansの Brasil Project/ Brasil Project 2や  Djavanも好きです! 是非そのVilla-Lobos(
初耳)を聴いてみたいです。
dvdrentallife (2005-06-26 11:19:01)

■今日

今日、”トップランナー”(NHK教育午後7:00)に、村治佳織の弟であり同じくクラシック・ギタリストの村治奏一さんをゲストにむかえてやるよ~。
takuchappy (2005-06-26 13:43:43)

■コミックバトン

MUSICAL BATON、この後参加させていただきます♪コミックバトンというのが回ってきたのですが、お時間あったら是非。
(へなちょこの方にTBさせていただきます)
//blog.drecom.jp/airx/tb_ping/60
w2xk (2005-06-26 14:15:13)

■せっかくなので(*・∀・)

参加させていただきます
洋楽、クラシックがお好きなんですね~~
sakura (2005-06-26 17:03:16)

■>sakuraさん

ありがとう。
なにやらキュートな方がいらっしゃって、侍は嬉しい!
女子が大好きだからな☆
またおいでください♪
映画侍 (2005-06-26 22:43:25)

■こんばんはー。

ミュージカルバトンってこんなに拡がってるんですね!びっくりです。
アマデウス、あたしにとっては懐かしい映画。中学校の音楽の授業で何回も見ました。TB返しいたします★
mana (2005-06-26 23:40:03)

■コメント、TBありがとうございます

「MUSICAL BATON」参加させて頂きます♪好きな音楽は映画とかドラマに影響されることも多く、単純なんですけどね…(-v-;)
YOU (2005-06-27 02:30:59)

■コメント、TBありがとうございます。

さすが映画侍さん、格調高い音楽の趣味で恐れ入りました。
TBしていきますね。
axel (2005-06-29 22:29:44)

投稿: コメント | 2006年3月 1日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8896658

この記事へのトラックバック一覧です: MUSICAL BATON:

« ジーコが日本語で話さない理由。 | トップページ | 「ラスプーチンかく語りき」 PR誌「一冊の本」の新連載 »