« 偏愛・全智賢 Daisy/デイジー | トップページ | 「COMPETITION(1980)」邦題「コンペティション」 »

「Mr. Holland's Opus (1995)」 邦題「陽のあたる教室」

作曲家を志し音楽のためにすべてを犠牲にする男、ホランド。リチャード・ドレイファスが演じる。ボロアパートの一室で、心の中のフル・オーケストラでフィナーレのファンファーレ部分を思い描きながら古ぼけたピアノに向かう。

39fc76444bcc3アメリカには面白い作曲家がいる。俺の尊敬するチャールズ・アイヴズ(1874-1954)。

教会のオルガニストで、無調、多調やコラージュ手法を駆使した斬新な作品を多数残している。交響曲第三番で1947年にピューリッツァー賞も受賞した。現代作曲家に分類される。

アイヴズはイェール大学で音楽を学び、卒業すると「不協和音のために飢えるのはごめんだ」と言ってビジネスの世界に身を投じる。事業にも大成功し自身の名を冠した「アイヴズ相互保険会社」の創立者となる。

39fc7680d5199 このような例は極めて希だ。大多数のビジネスも音楽にも才能がそこそこの者は、飢えつつ「不協和音」とつき合うか、さっさと音楽などあきらめて別の暮らし方をはじめるのだ。

ホランド氏の転機は奥さんの妊娠から訪れる。「不協和音」ではミルクは買えない。

ホランド氏の選んだ職業は高校の音楽教師。もり立ててくれる校長にも恵まれ、ホランド氏は徐々に高校教師の仕事にのめり込む。できない生徒が指導することで成長する喜びを味わう。

39fc7657dc053 「教えるということはふたたび学ぶこと」。ホランド先生は音楽を教える喜びに目覚めた。

親の夢を託そうと期待したわが子は聾唖者だった。耳の聞こえない息子を愛すことができないホランド先生。なんと悲しいことだろう。現実はそうなのだ。

高校をあげて取り組んだミュージカルも大成功。ホランド先生が、寝食を忘れ、家庭を顧みず、熱心に指導した結果だ。

39fc761035538才能のある女子の教え子も自分を慕ってくれる。いつしか恋愛感情を持ち始めるホランド先生。 若く美しく才能豊かな生徒と町を出る約束をする。

高校や大学の教師なら多少なりとも思い当たるところだろう。そして、ホランド先生は正しい選択をする。生徒との約束を破ることで自分の人生を守ったのだ。

まったく音楽を理解できないと思っていた息子が、スピーカに腰をかけている。大音量で流れる音楽。その時、驚くべきことが起こる。振動で息子は音楽を「聞いている」のだ。

ホランド先生は初めて息子を受け入れる。息子に語りかけるように歌うジョン・レノンの「ビューティフル・ボーイ」。見ている俺は涙を止めることが出来ない。

この映画は日本ではほとんど話題にならない。DVDも出ていないようだ。たまたま見た俺の心には深く印象に残っている。俺の大好きな女の子がこの映画のことを話題にした。初めて他人からこの映画の話を振られた俺は大感激!その子に本気で恋しちゃうかも☆

193042mrhollandsopusposters 原題の「Mr.HOLLAND'S OPUS」がいい。邦題「陽の当たる・・」じゃ、石坂洋次郎かよ!という腑抜けな印象しかない。「ホランド氏の作品」。映画を見るとそのことがよくわかる。

この作品の面白さはまだある。ホランド先生の若い頃から退職するまで、年代ごとのトリビアルが実に正確に映像化されていること。

着ているものとか、流行っている音楽、調度、家電製品、車などすべて年代ごとに細かく配慮されている。生徒のファッションの変化!女子は半裸みたいな格好になるもんな。へそ出してるし。態度の変化、人種の変化も興味深い。

どんどんポップなファッションになっていくホランド先生もおかしい。アメリカ人は年齢に関係なくポップな格好をするからね。白髪でチノーズとスニーカー、肩からサマーセータを羽織る、なんて感じで。。。それが面白い。

ベトナム戦争も影を落とす。教え子が戦死する気持ちとはどのようなものなのだろう。今のアメリカでも同じことが繰り返され、生徒を戦地に送る教師の苦しみは絶えない。

年老いて、教え子たちがホランド先生の作品を演奏してくれることになる。芸術としてはたいしたことないのだが、この教え子たちこそ、ホランド先生の「作品」なのだ、とわかる場面。

感激した。

「教師」というものをよくあらわしている。しかも芸術系の教師の偽らざる心境をよく表現している。学校で教えることと芸術音楽とはまったく関係ないといってもいい。そのようなリアルな手触りのある映画だった。

この映画、俺にはとても大事な映画だ。

|

« 偏愛・全智賢 Daisy/デイジー | トップページ | 「COMPETITION(1980)」邦題「コンペティション」 »

「映画(は行)」カテゴリの記事

コメント

とっても大事な映画なのですね。
そのことが記事を通して伝わってきます。
「不協和音」でミルクが買えず、夢があってもあきらめてしまう人が多いです。
そんな人々はあの時はよかったなあなんて過去のよき思い出にひたってばかり(自分も含め)。
それもたまにはいいことですが、現実を受け止め前をむいて「日の当たる場所」を探していくことは大事なことだなあと思いました。「教えることはまた教わることでもある」これは子育てにも同じことが言えますね。
記事を読んでみてみようと思いました。

投稿: しゅぺる&こぼる | 2006年3月13日 (月) 19時40分

この映画、観ました。

人生、最後までやってみないとわからないな、と思いました。
途中で絶望があったり、人を傷つけてしまったり、妥協をしたと感じることがあっても、そこからまたやり直すことも出来るし、新しく学ぶこともあるし。

出来た人間でないところが、リアルでした。

ハンカチ、ティッシュなしでは観られません。

投稿: 有閑マダム | 2006年3月13日 (月) 23時02分

私はビデオ時代に観ていたことを思い出しました。

音楽に情熱を傾ける分、息子の耳が聴こえないことがわかった時のホランド氏の失望する気持ちもわからなくもないのです。父として、しかも娘でなく息子だったので、ものすごく寂しかったのではないでしょうか。

そして、息子が音楽をスピーカーで聴いてる場面。ホランド氏の視点からとらえた息子の後姿をありありと思い出しました。映画侍さんのブログを読んで、なにか大切なことを思い出したような気がします。
話は少しそれるのですが、今日マリンバ奏者、エヴリン・グレニーのドキュメンタリー映画「タッチ・ザ・サウンド」を観てまいりました。この映画の存在はあまり知られていませんが、私のなかで音に対する感性をドラマチックに変革させてくれましたね。

投稿: 樹衣子 | 2006年3月16日 (木) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/9072164

この記事へのトラックバック一覧です: 「Mr. Holland's Opus (1995)」 邦題「陽のあたる教室」:

« 偏愛・全智賢 Daisy/デイジー | トップページ | 「COMPETITION(1980)」邦題「コンペティション」 »