« 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS やっぱりいやだよ、ティム・ロビンス | トップページ | 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLD ホムス!! »

「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS レイチェルはなぜうるさい?

2005-07-11 22:00:18

テーマ:(あ行)(う゛)

子供のいる家庭なら、レイチェルのパニック状態を理解できるだろう。泣き叫び、少し落ち着くと、「ママは?ママ、ママ、ママ、ママ」と言いつのる。

「どこに行くの?」「どうなるの?」「ロビーは?」困惑した父親は、「レイチェル、質問はするな。」というしかない。

車を運転しながら、自分もパニック状態にあるのに、耳元で叫ばれたらどれだけ苛立つことか。車での逃避行の心理描写はほとんと極限状態だ。車の走行と切迫する音楽。切れ目のない長回しの撮影。全てが追いつめられる父親の心理を正確に表現している。

A Family Value - ブッシュが世界中から嫌われようとも、アメリカの大統領でいられるのは、共和党支持層である、中西部、南部の保守層に「家族の価値」を訴え、支持されているからだ。

東部のインテリ、ジャーナリスト、ハリウッドの大部分のリベラル民主党支持層(マイケル・ムーアを筆頭に)も、同じように「A Family Value」を主張する。

家族の絆に対する憧れがそれだけ強いのもアメリカなのだ。現実はどうであれ。

レイチェルの鼻持ちならない小生意気さに苛立つ。母親そっくりの口調(おそらく)で、レイを責め、無理な注文を付ける。なにが、自然食品だ!あのトムの 顔。最高だ。ピーナツ アレルギーだって?知るか!そんなもの。子供は無邪気に物を食え!!俺もパンを投げつけ泣きたくなった。レイ、わかるぜ♪

レイチェルはとことん可愛げがない。地下室でも、ベッドじゃないと back pain が・・・。だって!生意気じゃないか。ダコタちゃんが可愛くない、というコメントも多かったが、こましゃっくれた苛立つ演技を最高にやってくれたからなの さ♪ダコタ・ファニング、すごい!

馬鹿な映画評論家(それもプロ)は、家庭を知らない。家庭を持っている者には、身につまされる場面も理解できていない。気持ち悪い映画フリークで、常識が ない人間が「映画評論」をしている。そんなもん、誰が読むか!普通の知性をもった人が、日常で感じるあれこれに思いをはせてみろ!フリーク評論家ども!! 自分のフリークぶりしか売り物に出来ない哀れな存在。素人以下のプロはもういらない!!!

俺が泣いたのは、レイが、「ブラームスの子守歌」も「お山の子守歌」も歌えず、仕方なしに、バイクをぶっ飛ばすような内容の歌を歌い「・・・俺の宝物」というところ。

二度目に見て、ここはこたえました。

情けない俺。でも、レイチェル、俺の宝。「I love you my baby」。。よかった、この場面。トム・クルーズ、どこまでも普通ですごく良かった。

|

« 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS やっぱりいやだよ、ティム・ロビンス | トップページ | 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLD ホムス!! »

「映画(あ行)(う゛行)」カテゴリの記事

コメント

あの子守唄がわりの歌を歌う場面は
今までの親子の溝をなんとかしよう、
なんとか愛してることを分かってもらおうと
していてぐっときました。
この映画、母親が一切出てこないところがまたいいです。
父親の視点のみでというところがいさぎよい!

投稿: しゅぺる&こぼる | 2006年2月26日 (日) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8814074

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS レイチェルはなぜうるさい?:

« 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS やっぱりいやだよ、ティム・ロビンス | トップページ | 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLD ホムス!! »