« 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS お父さんはパパか? | トップページ | 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS レイチェルはなぜうるさい? »

「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS やっぱりいやだよ、ティム・ロビンス

2005-07-11 01:16:10

テーマ:(あ行)(う゛)

丁寧に一小市民が巻き込まれた災疫を描いていることに感心した。

ロンドンで列車に閉じこめられた人たちのイン タビューと重なる。巻き込まれた人たちは、全体を把握することなく、逃げまどうしかない。作品は、この視点から語られて、最後まで、少しのブレもない。

スピルバーグの最高傑作かもしれない。現代の「寓話」として、時代を代表する作品となるだろう。主人公と子供たちの関係も現代をリアルに反映している。このくらい屈折していないと、リアリティが出ない、ということだ

この映画をつまらないという人の意見はこうだ。

■主役が目的もなくただおろおろ逃げ回るだけ。
■トム・クルーズにはかっこわるい最下層の労働者は似合わない。
■ダメ 父親の役である。
■ダコタ・ファニングが、きゃーきゃー言ってうるさい。

金を取って原稿を書く人間の感想がこれである。何をか言わんや。

高校三年生の「ミヤ」さんの記事 を読むがよい。スピルバーグの意図をきっちり把握している。

プロの映像作家、斉藤新さんの記事 を読んでみてくれ。ミヤさんの把握したことが、映像技術の上ではっきり語られている。

映画評論に関して「プロ」と言われている人たちの質の低さを思う。

このblogの冒頭に掲げているとおり、みんな配給会社にへつらっている。二十世紀フォックスの、宣伝担当顧問、古澤とかいうじいさんにしっぽを振って、何も書けないんだろう。古澤に逆らえない分、古澤の担当した作品をけなすことで腹いせしている。

馬鹿なことだ。

「映画は曇りのない目で見るように」。俺の師匠の言葉だ。

なにごとも、下心あるところに良い物は生まれない。

|

« 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS お父さんはパパか? | トップページ | 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS レイチェルはなぜうるさい? »

「映画(あ行)(う゛行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8814067

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS やっぱりいやだよ、ティム・ロビンス:

« 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS お父さんはパパか? | トップページ | 「宇宙戦争」 WAR OF THE WORLDS レイチェルはなぜうるさい? »