« 「スウィング ガールズ」 音楽が主役の佳作♪ | トップページ | 「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」 »

「リプリー」The Talented Mr.Ripley ディッキー、かっこいい!!

2005-05-31 22:39:33

テーマ:(ら行)

パトリシア・ハイスミスの小説 The Talented Mr.Ripley の映画化。先行作品として「太陽がいっぱい」がある。アラン・ドロンの美貌とニーノ・ロータの音楽で一世を風靡した。
松竹
リプリー
「太陽がいっぱい」のディッキーはまさしくアホなぼんぼんだ。マット・デイモン主演「リプリー」の、ジュウド・ロウ演じるデッィキーはチャーミング!誰でもディッキーと仲良しになりたいと思う。

そのため、ディッキーがいなくなってからは、映画全体が精彩を欠き、ボーンシリーズでは頭のいいマット・デイモンが愚鈍に見えてしまう。美しいケイト・ブランシェットも出てくる。ゴージャスな配役だ。

俺はパトリシア・ハイスミスの小説が好きで翻訳されたものは全部読んだ。「太陽がいっぱい」と「リプリー」では結末が違っている。原作通りなのは「リプリー」である。

原作通りのあまり、映画としてはつらい展開になっている。見るのが厭わしい犯罪場面が続き、後味が悪い。

小説では、リプリーに感情移入がなされ、緊迫した中で危機を乗り越える。機転で難局を切り抜けることにカタルシスがある。善悪ではなく、置かれた状況を解決していくことに関心が向くのだ。

映画ではリプリーのまわりの人物にもそれぞれ魅力を感じる。小説では描写されない、家具や調度、風景、人物の表情、声、口調のすべてが目に入ってくるため、リプリーの内面に集中できない。

映画と小説の表現の違いを感じて興味深い。

最新作「クローサー」で、ジュウド・ロウは売れない小説家を演じている。実に嫌な男で腹が立つ。かっこよさは変わりませんが。。。

|

« 「スウィング ガールズ」 音楽が主役の佳作♪ | トップページ | 「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」 »

「映画(ら行)」カテゴリの記事

コメント

■TBありがとうございます

「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンも妖艶ですが、私も個人的には「リプリー」のジュード・ロウの方がタイプです。やんちゃな感じがして魅力的ですよね!
usako4050 (2005-06-08 13:09:55)

投稿: コメント | 2006年2月 1日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8457005

この記事へのトラックバック一覧です: 「リプリー」The Talented Mr.Ripley ディッキー、かっこいい!!:

« 「スウィング ガールズ」 音楽が主役の佳作♪ | トップページ | 「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」 »