« 萌えタイ!! そのニ | トップページ | 「星になった少年」 蒼井優さんのインタビュー »

「星になった少年」 プロの作った秀作。

2005-08-01 17:28:52

テーマ:(は行)

柳楽優弥の表情は、何ものにも代え難い。澄んだ切れ長の眼差しがすべてを物語る。台詞の演技は下手なのではないか、と思った。しかし、子役の劇団で習った台詞回しより、口ごもりがちな柳楽優弥の言葉が意味を持つ。
        象
念願だった日本での「ぞうさんショー」で、柳楽優弥演じる主人公、哲夢のスピーチはそのことをはっきり示した。訥々とした口ぶりに真実の思いが込められ、全編中の白眉となった。

象使いを志し、タイの「象使い学校」で学ぶ主人公。象を手なずけ、ともに暮らすことはタイの重要な文化だ。異文化のなかで、真に心を打ち明けあうことの困難さを描いて秀逸だ。食事の場面がそのことを象徴している。食習慣というものは、簡単には変えがたい。受け入れがたい物を真に共有したとき、心は開かれる。異文化に対する尊敬も生まれる。

タイの美しい風景を見ると心が動く。巨大な象が、象使いによって整然と歩む姿を見て、胸がいっぱいになる。偉大な文化だ。紀元前のヨーロッパで、戦のためにアルプス越えを手伝った「ハンニバルの象使い」の逸話を思い出す。

象の力は強く、制御を失えば、人間を簡単に踏み殺すことができる。宮沢賢治の寓話「オッペルと象」にあるとおり。俺は大型車の免許を持っている。車が大型ということは、殺傷能力=暴力が大型になるということだ。

人間は大きな力を、極めて滑らかに、何の抵抗も感じないで行使することが出来る。性能のよい大型車を運転すると、そのことを感じ、恐れを抱く。大きな力を持つ者こそ、へりくだるべきである。象使いの姿にそのようなことを思った。

蓮ッ葉なおかみさん役を演じたら当代随一の常盤貴子が好演。べたつかず、情感溢れる演技で映画を盛り上げる。俺のお気に入り、蒼井優さんが、これまた、さらっといい演技を見せている。この二人の終わりの場面は歯を食いしばって見てください。

素晴らしい作品に脱帽です。プロのスタッフの誠意ある仕事が見られます。坂本龍一の音楽。これ以上望めない、日本映画の秀作です。

見ていない方、見ようか迷っている方、絶対に見てください!

子供さんも楽しめます。家族でよし、カップルでよし。一人で見ても大丈夫。みんな終わっても席を立てないでいますから。恥ずかしくなく、そっと涙を拭けます。

|

« 萌えタイ!! そのニ | トップページ | 「星になった少年」 蒼井優さんのインタビュー »

「映画(は行)」カテゴリの記事

コメント

■終わってから。。。

映画で、終わった瞬間、エンディングの音楽が流れ始めると、
すぐに帰り始める人がとても気になるのですが、
確かに、星になった少年は、ゆっくりと明るくなるまで、
そして、明るくなってからも、みんなが余韻にひたっていましたね。
私、7月に悲しい別れがあったから。。。そういう想いも重なって。
忘れられない映画になりそうです。
cranberry (2005-08-01 19:35:21)

■常磐貴子の好演

そうですね、柳楽優弥の頑張りもさることながら、常磐貴子の演技が効いてました。彼女の映画はあまり見たことがなかったので、感心しました。
TBありがとうございました。
hal (2005-08-01 20:02:53)

■これは

見に行きたいと思います。

涙腺緩いのでタオルを忘れずに持参します(・_・、)
さいこ (2005-08-01 20:37:15)

■同僚に薦めまくってます!

この映画は、エンディングクレジットでまた大泣きしてしまった映画でした。教授の音楽が良すぎる~!!と思いました。
涙が止まらなくて、劇場が明るくなってもなかなか外に出れずに困りました(苦笑)。
そういうわけで、pureな感動を求めている同僚に薦めまくっています。
Deanna (2005-08-01 21:50:33)

■TBさせていただきます。

歯を食いしばらなきゃならないとこ、食いしばってもだめでした。たまらなかったです。ほんとに心のこもった丁寧な作品でしたよね。
foo (2005-08-01 22:59:56)

■TBありがとうございます。

本当にいい映画ですよね。
始めは、柳楽優弥の演技がどんなものなのか、楽しみにしていたのですが、あの口ごもりながらも確かなものを感じるセリフが本当に良かったです。
人だけじゃなくて、動物達の演技も本当に良かったですね。
yabetarou (2005-08-01 23:00:20)

■TBありがとうございます。

確かに泣いている人が多く・・本当にいい映画すね!!
友達にも絶対見たほうがいいって勧めてます!!
P.S.タイに本当に旅行に行きたくなりました!!
wsk2 (2005-08-02 00:53:28)

■初めまして!

TBありがとうございます。

映画を見終わった後、私もなかなか動くことができませんでした。なんだか今さっきまで見ていた世界にただただ圧倒されて、涙をぬぐうのが精一杯で。

俳優の演技も、映像も、音楽も、すべてがよくて、本当に多くの人に見てもらいたい映画ですね。
わかな (2005-08-02 14:19:52)

■はじめまして。

私もこの映画、すごく好きです。
TBさせて頂きます。
宜しく御願いいたします。
tuki-to-kyabetu (2005-08-14 09:03:38)

投稿: コメント | 2006年2月 1日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8455388

この記事へのトラックバック一覧です: 「星になった少年」 プロの作った秀作。:

» 残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。これは「観た」といううちに...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 4日 (土) 10時35分

» NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督) [サーカスな日々]
「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げられたとき、少し、胸が熱くなった。ほんとうに、初々しく新鮮であったし、審査委員長のタランティーノの悪戯っぽい表情を思い浮かべてみたりもした。 思春期の少年少女たちは、たった1年で、信じられないほどの変�... [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 16時51分

» オッペルと象 動物とわたしたち [宮沢賢治の風]
 月齢 4.1日  昨夜今夜あたりの月の形が、いちばん美しいと感じます。 ■宮沢賢治で 病気もストレスも吹き飛ばせ  今日は宮沢賢治の「オッペルと象」から。  工場経営者オッペルが白象をうまく取り込み働かせそのうち食べ物もけちられて白象はフラフラになる....... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 00時24分

» 星になった少年 [映画迷走記]
星になった少年 監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥、常盤貴子、     高橋克実、蒼井優、倍賞美津子 (2005年/日/113分) 哲夢の家は動物プロダクション。常日頃から動物たちを身近に感じながら暮らす毎日だ。 犬好きの父(高橋克実)は、母佐緒里(... [続きを読む]

受信: 2006年3月13日 (月) 01時01分

« 萌えタイ!! そのニ | トップページ | 「星になった少年」 蒼井優さんのインタビュー »