« 「ファンタスティック4!」 ロケ地はニュー・オーリンズ!!! | トップページ | 「続・激突!」 THE SUGARLAND EXPRESS サッサフラス茶ってなんだ?? »

「カポーティ」 ジャーナリズムの原罪?

2005-11-16 22:15:19

テーマ:(か行)

実際の殺人事件を「冷血」という本にあらわし、名声と富を得たカポーティ。今につながるノンフィクション・ノベルの始祖だ。事件を報道するジャーナリズムとは別に小説の形式で実際の殺人事件を描く。

トルーマン・カポーティ, 佐々田 雅子
冷血

TBSラジオ、ストリーム「コラムの花道」で町山氏がこの映画について語っていた。Podcastingでとりためておいたのをさっき聞いたのだが。


カポーティを演じるフィリップ・シーモア・ホフマン。アカデミー主演男優賞の呼び声が高いそうだ。ぜひ見たい。「コールドマウンテン 」で、堕落牧師を薄汚く演じたうまい俳優だ。

                 apoti

この映画は、カポーティがどのような人間で、「冷血」の取材をどのように行ったか、事件をネタにして富と名声を得るとは、どのようなことなのかが描かれているそうだ。


ハリケーン被害でも、他人の不幸を報道することでお金をもらう「ジャーナリスト」が活躍した。それが、いったいなんなのだろう?・・・・・なんて、町山さんはカマトトを言っている。小西克哉も戦争報道について、倫理上の問題を感じる、なんて言っている。


お笑いぐさだ。


だから言ってるだろう。「すべての事件事故報道は娯楽」。


娯楽の対価として金を払い新聞や雑誌を買う。スポンサー経由で大メディアにもいっぱい俺たちは金を払っている。映画と同じこと。だから、戦争の砲弾をくぐり、地雷をよけながら、俺たちを楽しませるためにジャーナリストは命をかけるんだよ。倫理も正義あるもんか。


カポーティの手法は正しいでしょう。ジャーナリズムの偽善ぶりを暴き立てていると言ってもいい。正義漢面している「ジャーナリスト」なんかいらない。好奇心の塊で、貪欲な読者の腹を満たしてくれるモンスターを待ち望んでいる。その、最初のモンスターが、トルーマン・カポーティその人だ。そのような映画になっているんじゃないかな?見ずに語ってみた。


この映画は必ず見に行きます。

|

« 「ファンタスティック4!」 ロケ地はニュー・オーリンズ!!! | トップページ | 「続・激突!」 THE SUGARLAND EXPRESS サッサフラス茶ってなんだ?? »

「映画(か行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8570871

この記事へのトラックバック一覧です: 「カポーティ」 ジャーナリズムの原罪?:

« 「ファンタスティック4!」 ロケ地はニュー・オーリンズ!!! | トップページ | 「続・激突!」 THE SUGARLAND EXPRESS サッサフラス茶ってなんだ?? »