« Haunted 「月下の恋」 ケイト・ベッキンセール!! | トップページ | 「ファンタスティック4(フォー)」 期待の馬鹿馬鹿しさ! »

「亡国のイージス」 義理人情が日本の力

2005-08-18 17:06:28

テーマ:(は行)

真田広之演じる先任伍長に、この作品の視点がある。部下の死を何とも思わぬ、人を殺すことに躊躇を感じない「正義」に、湿っぽく、義理人情の常識をもって立ち向かう。自分自身もあくまで貪欲に生き延びようとする。

迫力あるイージス艦の実写、爆撃機の映像に満足した。

閉ざされた世界最強の洋上要塞で起こる自衛官の反乱。不利な状況に置かれた日本政府が、反乱とテロをいかに阻止するかを描くサスペンス。
亡国1
おそらく原作には、日本の国防に関する見解や問題提起の主張が色濃く書き込まれているのだろう。実際に北朝鮮の工作船と称する戦艦との交戦もある日本だ。攻撃されるまで、手も足も出せない日本の自衛隊に歯軋りする人も多い。

中井貴一が、北朝鮮の不気味な工作員を憎々しく演じる。寺尾が演じる私怨と義憤から反乱を率いる自衛隊幹部の、一枚上手をいく悪を、見事に表現している。

自衛隊に何人か知人がいる。飛行機乗りも二人知っていたが二人とも別々の事故で海に散ってしまった。自衛隊の訓練中の事故は報道される以上に多い。飛行機乗りは特にそうだ。地上では、手を吹き飛ばされるもの、車両事故で死ぬ者、数えればきりがない。

災害救助に出動し、人が埋もれている現場でスコップを使う。下にいるはずの人を傷つけてしまうのではないかと、気を使い、心身ともに疲れ果てるのだという。

彼らも俺たちとなんの変わりもない。

自衛隊員とその家族は差別される。日教組の左翼思想教育で、自衛隊は憲法違反の、あってはならない軍隊だ、と教え続けたからた。

その名残は社民党に受け継がれ、福島なんとかは、いまも、自衛隊がなくなれば日本は戦争に巻き込まれない、と主張している。攻撃してくる国なんかあるわけない、と言う。北朝鮮を、社会主義の理想郷だと信じ、拉致を否定し続けた人たちだ。その狂った主張が、救えたはずの拉致被害者の運命にどれほどの悪影響を与えたことか。

作品には、うるさい説教は含まれない。反乱の黒幕の北朝鮮工作員の口を通して、日本人の曖昧な戦争観をなじってみせる。うまいやり方だ。国家が戦争に巻き込まれるリアリティを敵の姿から見せつける。情緒に流れる日本人の姿も描かれる。反乱自衛官が苦悩し、逡巡し、次々に死んでいく。

政治家、情報をとるセクション、実行部隊の確執が描かれ、危機に直面したときの政府の在り方をさらっと見せる。駄目な奴らばかりだが、アメリカならハリソン・フォード、日本なら佐藤浩市がいてくれるから大丈夫(w

アクションを伴うサスペンスと、それぞれの人物の背景のドラマが要領よく説明され、人間ドラマとして素直に感動した。うまく映画の語り口に乗せられた。
   亡国
一言も話さない女性工作員 がよかった。弛んだ感傷はいらない。勝地涼という若手の俳優が、一途な青年を好演。他の若手もよかった。めいっぱいの感傷に涙した。フル・オーケストラの音楽も素晴らしい。

軍事オタクには、撃沈される自衛艦の映像がないのが不満らしい。馬鹿らしい。そのような映画ではない。お台場にイージスが浮かぶシュールな映像を楽しんだらそれで十分。

見る価値のある力作だ。見ろ!!!!!

|

« Haunted 「月下の恋」 ケイト・ベッキンセール!! | トップページ | 「ファンタスティック4(フォー)」 期待の馬鹿馬鹿しさ! »

「映画(は行)」カテゴリの記事

コメント

義理人情で対抗(笑)。これ、いーフレーズですね。

投稿: ペトロニウス | 2006年2月 7日 (火) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8547931

この記事へのトラックバック一覧です: 「亡国のイージス」 義理人情が日本の力:

» 亡国のイージス [映画迷走記]
監督: 出演:真田広之、中井貴一、佐藤浩市、    寺尾聰、勝地 涼、安藤政信 (2005年/日) 初めてこの本を読んでから3年(?)、映画化されると知って半年。 長かった~!!!待ってました~! もはや守るべき国を失った「亡国の盾(イージス)」... [続きを読む]

受信: 2006年2月 8日 (水) 02時40分

« Haunted 「月下の恋」 ケイト・ベッキンセール!! | トップページ | 「ファンタスティック4(フォー)」 期待の馬鹿馬鹿しさ! »