« 「クローサー」 女はみんなこうしたもの! | トップページ | 「スイミング プール」 ミステリ作家の謎(R-18) »

「クローサー」 男と女はみんなこうしたもの

2005-05-24 22:38:19

テーマ:(か行)

ナタリー・ポートマンがいい。

小説家が執拗にくだらないことを聞き出すことで、すっかり恋が醒める場面がある。俺は、本当に何もなかった、と感じる。アリスは本当のことを言っているのに、嘘しか信じてもらえない。そのことが恋が醒めた原因だ。パスポートの名前の件で、ますますそう思った。アリスが愛しかった。

ジュウド・ロウ演じる売れない小説家は本当に酷い奴で、最後、勝手にホームレスにでもなって死ねば、と思う。

この映画が意味不明で面白くもないラブコメディに感じられた方、モーツァルトを聞いてください。「フィガロ」も最高にエロで面白い!古典の有名作品がこんなに不道徳でいいのか、と思うこと請け合い!

ジュリアと初めて出会う場面に流れている音楽こそ「コシ ファン トゥッテ」そのもの。甘く重力がなくなるような音楽。恋愛感情の陶酔感をこれほどいやらしく表現している芸術はほかにない。

後半、二人で見に行くオペラの演目も「コシ ファン トゥッテ」。監督がこれを意識していないはずがない。二人は舞台を見ないが、テレビに舞台が映っている。音楽も聞こえる。

登場人物が好んで聞いたり見たりする音楽としては不自然だ。だって、楽屋落ちみたいだもの。自分たちを嘲笑うようなものだから。

日本ではオペラを見る人と、映画を見る人が乖離している。オペラヲタクは、オペラのものすごく細かいことを知っているが、映画を知らない。映画ファンはオペラを見ない。

このような作品に接すると、もっと気楽に音楽も映画も見ればいいのに、と思う。

チャットの場面は、ロッシーニのパロディかな?
(後日追記します。この曲はロッシーニ作「シンデレラ」序曲だということがわかりました。サウンドトラック の一覧がありますのでご参考までに)

ロッシーニも脳天気なオペラをいっぱい書いています。「フィガロの結婚」の前編、「セビリアの理髪師」が有名です。あの場面の曲が、ロッシーニの序曲だったのか確信がありません。どなたかわかる方がいたら教えてください。

|

« 「クローサー」 女はみんなこうしたもの! | トップページ | 「スイミング プール」 ミステリ作家の謎(R-18) »

「映画(か行)」カテゴリの記事

コメント

■オペラも観ます。

映画の中の音楽に触発されて、
オペラも観るようになりました。
「コシ ファン トゥッテ」は未見。
「クローサー」観たくなりました。
マダム・クニコ (2005-05-25 22:40:17)

投稿: コメント | 2006年2月13日 (月) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8641030

この記事へのトラックバック一覧です: 「クローサー」 男と女はみんなこうしたもの:

« 「クローサー」 女はみんなこうしたもの! | トップページ | 「スイミング プール」 ミステリ作家の謎(R-18) »