« 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」 手ぶれ酔い・・・ | トップページ | 「半落ち」「僕の彼女を紹介します」「ハイド・アンド・シーク」小ネタ集。 »

「パッチギ!」音楽映画としての・・・・。

2005-05-07 00:17:11

テーマ:(は行)

音楽の力。

高校の吹奏楽の音を聞いて身体中がぞわぞわとしてこないだろうか?

決して甲子園のやかましいブラスバンドなんかではない。あんな軍楽隊の延長のどこがいいものか!唾棄すべき騒音だ。

ハピネット・ピクチャーズ
パッチギ ! プレミアム・エディション
ギターとフルートで演奏する「イムジン川」に涙が流れないだろうか?もてたくて一生懸命さらった簡単なコード弾きのギター。

音楽の力を思い知る映画だ。つたない演奏でも、言語や民族、風習を超えて心を伝えあう。

しかし、音楽の無力さも描かれている。つまらないいがみ合い、差別。歴史に翻弄され、貧しい境遇に押し込められる在日朝鮮人。現実の前に一瞬の音楽などかき消されてしまう。

この狭間に生まれるロミオとジュリエット。沢尻エリカが、在日朝鮮人のヒロインをこれ以上ないほど切なく美しく演じている。差別の果ての失望、絶望を味わい尽くし醒めた強さのある少女。

君ならこの子に愛を告白できるだろうか。求愛することのすべてを引き受けることが出来るだろうか。

暴れ回る男たちが痛快だ。最後までただひたすら喧嘩喧嘩喧嘩。人間とはそのようなものだ。

若い主人公たちが爽やかで、良い作品だった。

|

« 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」 手ぶれ酔い・・・ | トップページ | 「半落ち」「僕の彼女を紹介します」「ハイド・アンド・シーク」小ネタ集。 »

「映画(は行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8455545

この記事へのトラックバック一覧です: 「パッチギ!」音楽映画としての・・・・。:

» パッチギ! [映画迷走記]
監督:?井筒和幸 出演:塩谷瞬,?高岡蒼佑 (2004年/日)公式  仲良うしたいだけなんや-   久々に号泣。 パッチギとは、“突き破る、乗り越える”そして“頭突き”の意らしい。 確かに笑えるくらい喧嘩シーンが多い。でも好きで喧嘩しているわ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 23時39分

« 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」 手ぶれ酔い・・・ | トップページ | 「半落ち」「僕の彼女を紹介します」「ハイド・アンド・シーク」小ネタ集。 »