« 「ウィスキー」 ウルグアイの無愛想なコメディ | トップページ | 「annie hall」  会話の面白さ »

「オールド ボーイ」 意味を知ること。

2005-05-13 19:21:34
テーマ:(あ行)(う゛)

忘れていた過去。目にした出来事、口にしたさまざまの言葉。

意味を知らなくては生きていけない。しかし知ったことでよりよく生きていられるとも限らない。知ったことをしゃべらないことも賢い選択だ。

理由も知らされず15年も監禁される男の物語。その時間を考えるだけで恐怖を感じる。

突然の解放。奪われた時間を埋め合わせる復讐を誓う主人公。監禁中に食べさせられたものぐらいしか手がかりはない。やっと理由があって監禁されていたことを探り出すが、その理由がわからない。

徐々に真相に近づく主人公。協力する年の離れた女。二人の間に愛情が生まれる。互いに助け合い、真相が見えてくる。

一連の「悲劇」が明らかになったとき、主人公は再び絶望の淵にたたずむ。

ある人にとっては些細なことが、ある人には重大なことにつながっている。他人の本当の気持ちを知ることなど出来ないのが人間だ。知り得ないから生きていられる。

よく練られたサスペンスだ。ユーモラスな台詞に笑ってしまう。タランィーノが褒めたという。彼好みの「とるにたりないファニーなやりとり」がふんだんに入っている。

韓国語の人を呼ぶときの表現が大事なので字幕も配慮されている。面白いのだが後味がいいとは言えない。「復讐」がすっきりしないのが理由だ。

映画は、穏やかに終わる。それが救いとなっている。

|

« 「ウィスキー」 ウルグアイの無愛想なコメディ | トップページ | 「annie hall」  会話の面白さ »

「映画(あ行)(う゛行)」カテゴリの記事

コメント

■ありがとうございます。

TBありがとうございます。こちらもさせて頂きますね。
wasewase (2005-06-02 21:00:11)

■なるほど。

後味の悪さというのが共通しているのですね。 とりあえず、手に入るようになったら、観てみます。
でも、こういうのを観ると、その後何かとっても爽やか~なものを求めたくなりますね!
有閑マダム (2005-09-07 08:39:49)

投稿: コメント | 2006年2月13日 (月) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8580959

この記事へのトラックバック一覧です: 「オールド ボーイ」 意味を知ること。:

« 「ウィスキー」 ウルグアイの無愛想なコメディ | トップページ | 「annie hall」  会話の面白さ »