« 「エデンより彼方に」 | トップページ | 「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 キルスティン!!  »

「エデンより彼方に」 Far From Heaven メロドラマの王道

2005-07-05 21:52:41
テーマ:(あ行)(う゛)

黒木瞳そっくりの俺の新しい恋人から、この映画の見方を教えてもらった。前回書いたときは、付き合っている若い女のことで頭がいっぱいで、この映画が不快でたまらなかった。さっき、ケイブルテレビでやっていたので、見直したら、ジュリアン・ムーアの演技が素晴らしく、メロドラマとして気持ちよく泣かせてもらった。
         エデン
幸福そのものの白人家庭。会社重役の夫、可愛い子供たち。きちんと整った家。美しい賢夫人、キャシー。
         エデン2
1957年の秋という設定だ。画面の隅々まで、丁寧に作り込まれている、町並み、走る車、家具、調度、服装、髪型、眼鏡、帽子・・およそ考えられる限りの50年代だ。しかも、すべて美しい。この時代を知るものが見たら、懐旧の思いで満たされるだろう。

懐旧!

昔の思い出は決していいことばかりではない。黒人差別の実際が、事細かに描写される。口には出さずに、露骨に態度で示すやり方は無惨だ。実際に石を投げるのは無思慮な子供たちだ。大人の心の中を実行すれば同じこと。

ジュリアン・ムーア演じる主婦キャシー。夫が男と抱き合っているのを見てしまうことから、絵に描いたような幸福は揺らぐ。夫も苦悩し、キャシーの勧めるまま医師の治療を受ける。
         エデン3
キャシーは黒人差別に心を痛め、新しく雇った庭師の黒人とも対等に付き合おうとする、心優しき主婦だ。さまざまな苦しみを慰めてくれる黒人と、いつしか心を通じ合う。

夫との諍いが激しく、泣きじゃくるキャシーをやさしく受け止める黒人庭師レイモンド。躊躇しつつも、レイモンドの誘いで、美しい秋の森に出かけるキャシー。秋の森の美しさ。
         エデン4
こうやって書いていくとストーリーを全部書いてしまう。これは、昼メロの作りだ。主婦が主婦役に感情移入して、平和な家庭に忍び寄る不安を延々と見続けるパターンだ。涙を流しながら。

真っ赤なコート、ブルーのスカーフ、真っ赤な紅葉した木の葉など、エピソードに付随した小道具の扱いがいい。胸に迫る。

昼メロの限界もある。ゲイにも黒人差別にもなんの解決も示さない。

手も握らない、恋の始まりと終わりを、主婦目線で美しく描きあげた作品だ。最後のジュリアンの表情が素晴らしかった。「フォーガットン」の名優、ジュリアンの実力を思い知る。

俺は、酒のことが分からないので質問。キャシーが黒人酒場で注文したけど口も付けなかった「ダイキリ」ってうまいの?どんなカクテル?

|

« 「エデンより彼方に」 | トップページ | 「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 キルスティン!!  »

「映画(あ行)(う゛行)」カテゴリの記事

コメント

あああ、侍さんこの映画もう一度見直しされてたんですね!! 気付いてなかった。
昼メロのような話だったとは、目からウロコです。
うーん、そうなのか???
下の記事のコメントで、ベルベット・ゴールドマインと書いているのは、例のごとく私の書き間違い。 正しくはブギーナイツです。
毎度すいません。
母性溢れるポルノ女優を、ジュリアンが迫真の演技! 見る価値ありですよ~!!
(コメント欄でポルノと書くのも、エロTBのつく原因になるでしょうか?)

ダイキリ、おいしいです。
甘くしすぎると、ただのジュース味ですが。
暑い時にフローズン・ダイキリをピッチャーにたっぷり作って、庭で飲むのが最高。

投稿: 有閑マダム | 2006年2月11日 (土) 10時14分

マダム!いらっしゃい。こうやって引っ越していると、あまりリアクションのなかった記事の虫干しのような気分です。新たに感想を書いて頂けるのはとてもうれしい。

「ダラス」というアメリカの大河ドラマ(といってもソープ・オペラみたいな感じでしたが)も、次々に問題が起こりフックを使いながら延々物語が続いていく、といおうものでした。それを思い出しました。

ただ、この「エデンより彼方に」は、1957年という微妙な時代背景が映画のなかで重要な役割をもっていますね。公民権運動のまっただなか。キング牧師の「I have a dream」のスピーチもまだなされていなかったわけです。

そう考えると、ただの昼メロではありませんね。

ジュリアンが一口も飲まなかったダイキリをピッチャで・・・・。禁酒法時代でなくてよかった。ブラディ・マリといい・・・。

俺はおそらくドライ・マティニに溺れる「失われた終末」(ビリー・ワイルダー監督レイ・ミランド主演)みたいなことになりそうだからやめておきます。

投稿: 映画侍 | 2006年2月11日 (土) 10時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8581036

この記事へのトラックバック一覧です: 「エデンより彼方に」 Far From Heaven メロドラマの王道:

« 「エデンより彼方に」 | トップページ | 「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 キルスティン!!  »