« 「大地震」災害パニック映画に激しく動揺する。 | トップページ | 「逆境ナイン」 小粒な馬鹿馬鹿しさ »

「ブラック・メイル 脅迫」 つ、つまらない・・・・。

2005-12-06 19:00:45 テーマ:(は行)

気が滅入って、スカッとした頭のいいクライム・サスペンスを見たくなった。キャメロン・ディアスが出ているというので見た。
ジェネオン エンタテインメント
ブラック・メール 脅迫

これが最悪。舞台になるオクラホマ州のタルサに行ったことがあるので懐かしいかな、と思ったがそんな風情もない。久々に時間を無駄にした感じ。怒る気力も起きない。原題は「Keys to Tulsa」。内容はこのタイトルの方がふさわしい。「鍵」が話のkeyになる。ちっとも効果は上がっていませんが。邦題は良くない。


キャメロン・ディアスは冒頭から出てくる。この人は、「メリーに首ったけ」しか可愛くない、という評判で、この映画でも不細工モードで出てくる。不思議な女優さんですね。「イン・ハー・シューズ」も見たいのだけど時間が取れない。


キャメロン、ちょっとイケてるかと思ったらひどい表情。まるっきり馬鹿で勘違いで頭が空っぽの女の子を好演している(笑


キャメロンの出番はそれだけ。おいおい。


物語はそこから始まる。主人公は、タルサ・ジャーナルというさえない新聞社の記者。金持ちの息子で、社長のお情けで雇ってもらっている。ろくに仕事もしていない。自由になる金もろくにない。


幼なじみの大金持ちの娘と結婚したチンピラから「ゆすり」をもちかけられる。その幼なじみの女とはと今も心を通じ合っている。


殺人を目撃したジャンキーで売春婦のストリップ・ダンサーのネタで、ゆすろうというのだ。犯人は大金持ち。主人公の仲間かもしれない。チンピラは犯人を知っているが、主人公は知らない。そこがサスペンスを生み、別の「ゆすり」が生まれ、とか展開していくように思うが、ちっとも話は弾まない。


ストリップ・ダンサー役のジョアンナ・ゴーイングは黒髪の暗い顔立ちのスレンダーな女の子で、ちょっとひかれる。必要以上のセックス描写や裸の場面があって、この映画の品格を示している。


ジェイムズ・コバーンが、ペリー・メイスンのような雪だるま体型で憎らしい町の顔役を好演している。ロニーというチンピラ役ジェイムズ・スペイダーがいい味を出している。


ぐったりするほどつまらない映画です。


でも、本当においしいものを知っている人は、厭と言うほど不味いものも食べたことのある人だ。音楽でも、下手くそな演奏を下手くそだなあ、と楽しみながら味わうことが出来る人こそ本物を聞き分けることが出来る。誰にでもわかる一級品といわれるものしか見聞きしようとしないのは、げすな成金趣味の俗物根性だ。


なにごとも経験。下手くそ、不味いものを味わってこその人生。そう思ってこの映画のことは忘れることにする。

|

« 「大地震」災害パニック映画に激しく動揺する。 | トップページ | 「逆境ナイン」 小粒な馬鹿馬鹿しさ »

「映画(は行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8410006

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラック・メイル 脅迫」 つ、つまらない・・・・。:

« 「大地震」災害パニック映画に激しく動揺する。 | トップページ | 「逆境ナイン」 小粒な馬鹿馬鹿しさ »