« 村治さんのギターを聞く。 | トップページ | エンタの神様 桜塚やっくん、だってさ。 »

エンタの神様 小梅太夫が嫌い。

2005-12-18 23:45:13

テーマ:雑感

愚劣な外道芸人がつけあがっている。小梅太夫とかいう奴だ。

赤い晴れ着に白塗りの顔。邦楽調の歌でネタをいい、オチの後、汚い形相で「畜生」とわめく。

何が厭だと言って、口ずさむ曲の最後が西洋音楽の終止になっていることだ。

ラ~ソ#~ラ~♪ 「チックショーーー!」

短調の終止で、ソに上降導音のシャープがついている。そこまでは、一応、俗謡のような五音音階で歌っているのだが、最後のオチの部分の音程が無自覚に短音階になる。耳障りだ。

邦楽調の終止なら、

ラ~ソ~ラ~♪

と、シャープをつけるな!!!!

愚鈍な芸人は感性が鈍い。こんな奴のネタが面白かろうはずもなく俺は一つも可笑しくない。不快なだけだ。俺が心配しなくてもこのような芸人は売れる気遣いはない。

この前の金曜日の夜は、俺が好きな「いつもここから」が、かわいいね~、のネタで出ていた。この人たちは適当なアドリブを一切入れない。緊迫感のある洗練されたネタを見せてくれる。

見たことない芸人で、客にあらかじめ突っ込む言葉を仕込んでおき、自分のネタに突っ込みを入れさせる、というのがあった。「長いよ!」「猫だよ!」「英語かよ!」の三つ。

こいつが、女子高校生の制服を着て金髪。また邪道芸人か、と思ったら頭のいい面白い芸人だった。

「客いじり」の可笑しいネタになっている。客が適切に突っ込まないと客をなじる。舞台と客席に緊張関係をつくる。正しく突っ込むと大げさに褒める。客席も集中して、芸人のボケに敏感になる。すかさず突っ込みを入れさせる体制にしておいて、引っかけのネタを言う。間違った突っ込みを入れると、芸人がそこに突っ込みを入れ返して笑いを取る。なかなか高度な(?)ネタ。俺は感心した。

なんて名前か、調べておきます。

|

« 村治さんのギターを聞く。 | トップページ | エンタの神様 桜塚やっくん、だってさ。 »

「演芸・芸人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8738654

この記事へのトラックバック一覧です: エンタの神様 小梅太夫が嫌い。:

« 村治さんのギターを聞く。 | トップページ | エンタの神様 桜塚やっくん、だってさ。 »