« 「マルホランド・ドライブ」 ベティはリタになりたい | トップページ | 「マルホランド・ドライブ」 'Llorando' LAの泣き女。 »

「マルホランド・ドライブ」 !Silencio! No hay banda.'!

2005-08-21 01:00:34

テーマ:Mulholland Dr.

突如、リタが「Silencio,Silemcio」と声をあげはじめる。スペイン語だ。

¡Silencio!
No hay banda.'No hay orquesta.

静かに!バンドはいないオーケストラもいない

「It's okay ,it's okay.大丈夫、大丈夫」と驚きながらもリタに言い聞かせるベティ。

「It's not okay.大丈夫じゃない」と初めてベティを否定するリタ。

「どうしたの?」ベティ。「一緒に行って欲しいの。」答えるリタ。午前二時だ。

「今すぐに」。リタは強調する。

町に出る二人。リタはブロンドのウィッグをつけて黒のドレス。ベティは、赤の半袖、黒のスカート。タクシーを拾って乗り込む。もはや二人は同じ顔になっている。リタの表情もメイクもベティにそっくりだ。町の灯りがすべて滲んでいて、幻想場面であることが示される。いよいよ虚実の境目だ。
        MD2
さまざまな町を通過し、幾つもの交差点を越え、風吹きすさぶ路地の奥、クラブ・シレンシオにたどり着く。タクシーを降り、ぴったりより添って劇場に入っていく二人。

二人を追うカメラ。古めかしい劇場だ。客席には二十人ぐらいまばらに観客が座っている。カーテンが垂れ下がった舞台には、手品師の男がいて、二人が入ってくると、大声で「No hay banda.'No hay orquesta.」と叫びはじめる。リタの言った言葉の通りだ。英語とフランス語でも同じことを言う。

「オーケストラはいない。すべては録音されたものだ」、という不思議なコンサートだ。クラリネットが聞こえ、ミュートのトロンボーン、ミュート付きのトランペットが聞かれる。手を取りあって舞台を見つめるリタとベティ。ブロンドの髪は同じだが、赤と黒の色がくっきり分かれて見える。

「It is an illusion!」 この言葉を聞いて伏し目になる二人。舞台の上のバルコニーには不気味な青い髪の女が見える。手品師が手を高く上げ、落雷のような音がして、舞台が青く光る。突然、がくがくと震え出すベティ。幸福に溢れていたベティの表情は一変する。抱きしめるリタ。

青い煙が立ちのぼり、舞台のマイクが青白く光る。客席も青い光に包まれ、恐怖の表情を見せるベティ。舞台の上のバルコニーの青い髪の女は微動もせずにこちらを見据えている。

|

« 「マルホランド・ドライブ」 ベティはリタになりたい | トップページ | 「マルホランド・ドライブ」 'Llorando' LAの泣き女。 »

「Mulholland Dr.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/9117039

この記事へのトラックバック一覧です: 「マルホランド・ドライブ」 !Silencio! No hay banda.'!:

« 「マルホランド・ドライブ」 ベティはリタになりたい | トップページ | 「マルホランド・ドライブ」 'Llorando' LAの泣き女。 »