« 「The Interpreter」(2) 人生に起こる不条理 | トップページ | 「被差別の食卓」 上原善広 新潮新書123 »

「The Interpreter」(1)傑作!!頭のいいニコール。

2005-06-11 23:02:08

テーマ:(あ行)(う゛)

「死と復讐」を真正面から取り上げた佳作だ。

国際会議場の同時通訳者シルヴィア(ニコール・キッドマン)は、偶然、要人暗殺を示唆する「囁き声」を聞く。捜査に当たるCIAの捜査官トビン・ケラー(ショーン・ペン)はシルヴィアの身辺に、様々な疑問を見いだす。
        nicole3
アフリカの小国「マトボ」の独裁的な大統領ズワーニ。一時は国民の支持を得て混乱を治めた。よき時代もあった。独裁者と反政府運動の泥沼の殺し合いが続き、サッカースタジアムは廃墟となっている。

シルヴィアは、独裁者であり殺人者であるズワーニを憎んでいる。反政府運動にも関わっていた過去が次第にわかってくる。シルヴィアはなにか隠している。暗殺計画は本当なのか?

ニコール・キッドマンの美しさは完璧だ。
    nicole2
仕事中は飾り気のないスーツ。かっこいい!

プライベートでは、レトロなライダージャケット、パープルのヘルメット、サングラス。古いベージュのヴェスパに乗る姿の決まっていること!
     inter4

       Vespa
ささやくような声、外国暮らしを感じる訛りのある英語。シルキーブロンドが顔にかかってくる感じ、どこをとっても申し分ない。ニコールを見るためだけに行った映画だった。ところがこの作品は傑作だ。ニコールは頭がいい。この作品はニコールの価値を高める。

アフリカの独裁者が殺されようがどうしようが、知ったことではない。国際紛争のニュースを見るとき俺は普通にそう思っている。あらゆる事件事故報道は娯楽に過ぎない。どこにでもある日常の出来事だ。

人の死に優劣はない。殺されたとしても、不条理な事故で死んでも同じだ。どのような死であれ、俺は一人でその死を受け止める覚悟をしている。この世に一人で来て一人で去っていく。それが人間だ。

尼崎で亡くなった人の家族はJR西に怒りと悲しみ怨みをぶつける。社長を殺したいほど憎いだろう。金をいくらもらっても許せないだろう。亡くなった人を元通りにしてほしい、と願うだろう。

自動車事故で亡くなった人はどうだろう。自分のミスで壁に激突して亡くなった人。殺されたのに、殺した相手を公式に非難することもはばかられる香田さんは?。

人を殺した者は、金をいくら払っても法律でいくら裁かれてもその罪はあがなえない。過失で人を死なせても同じだ。その死の価値を問い、復讐し、罪を糾弾するのは生きている人間だ。

(この項、続く)

|

« 「The Interpreter」(2) 人生に起こる不条理 | トップページ | 「被差別の食卓」 上原善広 新潮新書123 »

「映画(あ行)(う゛行)」カテゴリの記事

コメント

■このニコールさん

ナチュラルな才女ぽくってステキですね。
そんな私は「HEDWIG AND THE ANGRY INCH

を今日三度見てます(笑)

mogu (2005-06-11 18:05:18)
■殺したい

こんな感情を抱いたことは無いので、
殺人事件や事故が、とても遠い場所でおきている気がしている。。。
そんな感じでボンヤリと生きているコトがいけないなと反省。

mogu (2005-06-11 18:07:04)
■はじめまして(^^)

トラックバックありがとうございました♪
私は基本的に俳優にじゃんくストーリーに興味があるんですけど、ニコールキッドマンって人は上手いなって思いましたね!

アコ (2005-06-11 19:42:34)
■はじめまして

トラックバックありがとうございます。
ニコール・キッドマンは本当に美しいですね。
DVDをみるのが楽しみです。

ラベンダー (2005-06-11 22:47:33)
■TBありがとうございます。

最近のニコール・キッドマンは本当に美しいですね。「ステップフォード・ワイフ」も観ようと思います。

Black Pepper (2005-06-12 01:51:10)
■シドニー・ポラック監督

TBありがとうございました。
ポラック監督、今回頑張りましたねー!
私にとっては、いつもあまり知ることのない
アフリカをモチーフにした作品になっているので、
ハッ と目が覚まされる思いがしました。
テレビで流される情報は偏っていて、
しかも一面性に富んでいます(笑)。
私など無知の極みですが(苦笑)、
やっぱり知ろうとしないことは、
罪深いこと・・・
でも今では、
映画を観てチョッと知識を増やす
くらいしかしていないの体たらく・・・
もっと頑張らなくちゃと思う毎日です。

Ixion (2005-06-12 04:22:17)
■キッドマン

悲惨な過去を引きずりながら、
知的な職業につき
そしてトラブルにまきこまれる役に挑んだ
キッドマンの演技に惹かれる。

ヒロ (2005-06-12 10:34:59)
■ニコールキッドマンはいい女ですね~

いい女・できる女・強い女ってイメージ強いけど、でも好きです。きっと男性より女性に人気高いのかな?
コールドマウンテンの二コールが一番好き!です

sakuramint (2005-06-24 18:51:00)
■バニラコーク

って日本でも売っていたことあるのですか?
飲んだことないけど、ネーミングに惹かれます。バニラ好きなので~♪

sakuramint (2005-06-24 22:44:44)
■ヴァニアラ・エッセンスでやってみました。

飲みたくなって、コーラに明治屋のヴァニラ・エッセンスをたらしたら、いい感じです。甘ったるい香りが、南の島を思い出させます。PEPSIよりCoca-Colaのほうがあいますね。みなさんもお試しあれ。

映画侍 (2005-06-24 23:46:43)
■TBありがとうございます!

面白いブログですね。めっちゃ楽しまして頂きました。
これからもお邪魔しますね!よろしくお願いします。

らこ♪ (2005-06-25 03:08:55)
■movie-mania さん

ザ・インタープリター、
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。

tonton1234 (2005-06-26 14:54:33)
■TB&コメント

ありがとうございます!

本当に「死と復讐」を考えさせられた映画でした。
わたしだったら溺れる加害者を助けるだろうか、
と考えたのだけれどやっぱりその時にならなくては(経験しなくては)
わからないですね。。
そんなことは決して経験したくないけど。


ラベンダー (2005-09-25 20:30:15)

投稿: コメント | 2006年1月31日 (火) 15時55分

ニコールに今まで心を動かされたことのなかった私でも、この映画の中の彼女はとてもかこよくてきれいだと思いました。
「ニコールを観るためだけに行った」侍さんなら、どんなに満足だったことか!

国連本部が撮影を許可したのにこたえられるだけの内容になっていましたしね! 

投稿: 有閑マダム | 2006年2月16日 (木) 18時00分

ニコールは「アザーズ」も怖いくらい美しかったのですが、知性を感じる美しさは「ザ・インタープリタ」が最高です!様々なコスプレにもなっていて、ニコールファンは必見です(笑

シナリオとして、ショーン・ペンと安易にくっつかないのも良かった。

国連の内部は意外に古めかしく、湿った古い大学の木造大教室の匂いがしそうな感じでした。

コメント、TBありがとうございます。

投稿: >有閑マダムさん | 2006年2月17日 (金) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164307/8433912

この記事へのトラックバック一覧です: 「The Interpreter」(1)傑作!!頭のいいニコール。:

» インタープリター [映画迷走記]
ザ・インタープリター 監督:シドニー・ポラック 出演:ニコール・キッドマン、ショーン・ペン (2005年/米/129分) 国連で通訳として働くシルビア(ニコール・キッドマン)。 偶然、南アで独裁政治を行っているズワーニ大統領の暗殺計画を耳にしてしまう。... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 23時27分

» ザ・インタープリター [<花>の本と映画の感想]
ザ・インタープリター  監督 シドニー・ボラック 出演 ニコール・キッドマン シューン・ペン 2005年アメリカ シルビアは、国連の通訳をしていたが、マトボ共和国の大統領暗殺計画を聞いてしまう。その大統領が、国連で演説することになる。シークッレトサー... [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 14時55分

» インタープリター /Interpreter [有閑マダムは何を観ているのか?]
通訳という仕事は、自分の考え云々ではなく、人の言ったことをそのまま別の言語に置き換えるものなので、言語さえマスターすれば誰にでも出来るのでは?と思われることもあるかもしれませんが、そうそう簡単なことではありません。 「言ったことをそのまま」というのは、実は曲者... [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 18時04分

« 「The Interpreter」(2) 人生に起こる不条理 | トップページ | 「被差別の食卓」 上原善広 新潮新書123 »